share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.05.17 MON

Slack Community Hub一般公開記念ウェビナーに参加しました。熱量がすごかった!

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

今まで一部のコミュニティマネージャ向けに限定公開されていたSlack Community Hubが一般公開されることになり、その記念ウェビナーに参加しました。

コミュニティを主催している人だけでなく、コミュニティに興味があったり参加側の人もOKの開かれたコミュニティだそうです。

ウェビナーはSlack Japan溝口宗太郎さんの素晴らしい仕切りのもと、錚々たるスピーカーのみなさんがオンラインファーストの現代にふさわしいコミュニティのありかたについて様々な知見やノウハウを存分に共有してくださいました。

一部の資料はご本人が公開してくださっているのでここに載せておきます。

小島英揮さん (Still Day One合同会社)

武貞真未さん (Code for Japan)

EugeneKさん (情シス Slack)

戸倉彩さん (VS Code Meetup)

このウェビナー、参加者のみなさんもなにかしらコミュニティを主催していたりすることもあって、イベント中のTwitterやSlackが尋常でない流量になっていてものすごい熱量を感じました。

Twitterのハッシュタグ #slackhubを追いかけてもらえればその熱量の高さが伝わると思います。

コミュニティマネージャ仲間のMitzさんが撮ったスピーカーのみなさんの笑顔も素敵です!

僕も電子工作のコミュニティをやっているわけですが、コミュニティ界隈に身を置いているとみなさんと一緒に不確実で流動的な時代を柔軟に、かつ楽しく乗り切っていける気がしますし、コミュニティがある限り希望の火がずっと灯し続けられると思っています。

なお、次回は6/11(金)の開催だそうです。こちらも楽しみですね!

元記事はこちら

Slack Community Hub一般公開記念ウェビナーに参加しました。熱量がすごかった!

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。