share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.04.27 TUE

Amazon WorkSpaces(仮想デスクトップ)を使って Windows 10 での動画検証

田中 祐介

WRITTEN BY 田中 祐介

動画プレイヤーの開発していた場合に、動画の再生テストを Windows 10EdgeまたはIE11上で確認したい場合があります。
BrowserStack というサービスを使えば、いろんな端末・OS・ブラウザでテストは可能なのですが、1分ほどでセッションが途中で切れてしまい長時間配信の確認には向いておりません。
今回は Amazon WorkSpace の仮想デスクトップサービスを使って、よりリアルな環境に近い Windows 10 環境を構築し確認する方法です。

前提条件

  • AWSアカウントを持っていること

AWS WorkSpace の環境を構築する

WorkSpace 画面へ遷移

今すぐ始めるをクリックします。

高速セットアップを選択

最短でセットアップしたいので、高速セットアップを選択します。

Windows 10の選択とユーザーの登録し起動

いろんなバンドルやタイプがあるので、その中から今回は無料利用枠対象の Starndard with Windows 10 を選択します。

また、この後で必要な、ユーザーの情報を入力します。

  • ユーザー名 – ログインするためのユーザー名
  • E メール – ユーザー情報更新のために後ほどメールが送られます。

起動するをクリックします。
構築には、20分ほどかかります。

起動確認

ステータスが Availableに変われば構築は完了です。

ユーザー登録

パスワード登録

仮想デスクトップ環境が有効化されると、構築時に登録したメールアドレスへメールが届きます。
ユーザーの認証情報が表示されますので、パスワードのみ入力し更新します。

クライアントのインストール

今回は Mac を使用してますので、 MacOS Xのクライアントをダウンロードしインストールします。

WorkSpace クライアントを立ち上げる

下記の画面が表示されます。

動作確認

下記の画像のように、EdgeやIE11のブラウザを立ち上げて、動作確認できます。
スリープ状態にすることはできませんが、Windows PCと遜色なく使用可能です。

注意:Edgeブラウザはデフォルトでインストールされておりませんので、インストールする必要があります。

WorkSpaceのストップ

また、次回も使えるように、ストップします。
ストップ忘れ防止のために、AutoStop というタイマーをセットすることも可能です。

まとめ

動画の確認だけでなく、他のWebアプリケーションが Windows 上で動作確認のテストをすることも可能です。
また、他のユーザーを追加することも可能なので、チーム内で活用することできます。

元記事はこちら

Aamazon WorkSpaces(仮想デスクトップ)を使って Windows 10 での動画検証

田中 祐介

田中 祐介

動画おじさん

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。