share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.04.20 TUE

プリズムテック代表・小倉一葉さんとのコミュニティ談義、学びが深かったです

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

コミュニティマネージャ仲間であるプリズムテック株式会社代表の小倉一葉さんのひとり言に僕が反応したのをきっかけに、急に一葉さんとコミュニティ談義がしたくなってClubhouseで1時間半ほど意見交換させてもらいました。

結果、非常に深い話ができたので、この機会に普段思っていることをまとめておこうと思います。

プリズムテックさんはコミュニティデザインを軸に様々な事業をやられていて、会社としても自前のコミュニティを運営されています。

去年まで運営していたコミュニティをより進化させた形でまさに今日2021年4月1日に新しいコミュニティ「keen」が始動し、そのコミュニティマネージャに就いたなるさん(ゲストハウス界隈ではゲストハウスアイドルとしても有名)も序盤に参加してくれました。

コミュニティとひと口にいっても定義が曖昧で、人が何かの目的で集まるものはすべからくコミュニティといえるわけで、古くは地域の集まりや会社の部活動などもコミュニティですし、IT業界を中心としたオンライン・オフラインがミックスされたコミュニティもあり、オンラインサロンやネットワークビジネスなどもコミュニティといえます。

コミュニティにはオープンなもの・クローズドなもの・健全なもの・怪しいもの、いろいろなタイプがあるわけですが、一ついえるのはそれぞれのコミュニティは何かしらの意図をもって運営されているわけで、自分が何かのコミュニティに入りたいと思った時にどこにフィットするかは人それぞれであって、一方的にレッテルを貼って非難したり排除してはいけないということです。

そのためには様々な情報源から知識や考え方をインプットしつつ、それを鵜呑みにするのではなく自分の頭で考え、実体験を通じてその人それぞれの判断軸を作ったほうがいいと思っています。

インターネットに代表されるIT技術、とりわけその上に構築されるコミュニティは場所も時間も越え各種マイノリティも飲み込んで多様性を許容するベースを作れると信じているので、僕もコミュニティマネージャ仲間のみなさんと一緒に点を面にするお手伝いをし続けていこうと思っています。

元記事はこちら

プリズムテック代表・小倉一葉さんとのコミュニティ談義、学びが深かったです

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。