share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.04.06 TUE

GitHub Actionsを利用してLaravelのテストを自動化してみた

甲斐 甲

WRITTEN BY 甲斐 甲

GitHub Actionsを利用してLaravelのテストを自動化するのに少しハマったのでメモ。

前提

Laravel Sailで作成したプロジェクトのGitHubリポジトリにワークフローを追加する手順となります。

手順

ローカルでワークフロー実行ができるツールのインストール

ローカルでワークフロー実行ができるツールがありました🚀🚀🚀

nektos/act: Run your GitHub Actions locally 🚀
https://github.com/nektos/act

インストール方法も簡単なので導入しやすいです。

Macの場合

> brew install act

セットアップスクリプトも提供されているので、Mac以外でもインストールは簡単です。

> curl https://raw.githubusercontent.com/nektos/act/master/install.sh | sudo bash

ワークフローを設定する

ツールがインストールできたらワークフローを作成します。
GitHubのサイトでもワークフローが作成でき、テンプレートも提供されていますが、修正しないと動作しないケースが多かったので、色々とサイトを参考にしつつ設定しました。

> cd <プロジェクトのディレクトリ>
> mkdir -p .github/workflows
> touch .github/workflows/unittest.yml

定義したワークフローは以下となります。

unittest.yml

name: Laravel

on:
  push:
    branches:
    - main
    - feature/**
  pull_request:
    branches:
    - main

jobs:
  laravel-tests:

    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: cache vendor
      id: cache
      uses: actions/cache@v1
      with:
        path: ./vendor
        key: ${{ runner.os }}-composer-${{ hashFiles('**/composer.lock') }}
        restore-keys: |
          ${{ runner.os }}-composer-
    - name: composer install
      if: steps.cache.outputs.cache-hit != 'true'
      run: composer install -n --prefer-dist
    - name: copy .env
      run: cp .env.example .env
    - name: generate key
      run: php artisan key:generate
    - name: Create Database
      run: |
        mkdir -p database
        touch database/database.sqlite
    - name: migrate
      run: php artisan migrate
      env:
        DB_CONNECTION: sqlite
        DB_DATABASE: database/database.sqlite
    - name: Execute tests (Unit and Feature tests) via PHPUnit
      env:
        DB_CONNECTION: sqlite
        DB_DATABASE: database/database.sqlite
      run: vendor/bin/phpunit

イベントトリガーの指定

ワイルドカードが利用できるのでfeatureブランチも指定できます。

ワークフローをトリガーするイベント – GitHub Docs
https://docs.github.com/ja/actions/reference/events-that-trigger-workflows

GitHub Actionsでブランチ毎にワークフローを分ける – code-log
https://code-log.hatenablog.com/entry/2020/02/07/201830

on:
  push:
    branches:
    - main
    - feature/**
  pull_request:
    branches:
    - main

パッケージのインストール

GitHub上ワークフロー実行する際にはキャッシュが効くので、下記を参考にvendorディレクトリが存在するか否かでcomposer installが実行されるようにしました。

cache/examples.md at main · actions/cache  
https://github.com/actions/cache/blob/main/examples.md#php---composer

    - name: cache vendor
      id: cache
      uses: actions/cache@v1
      with:
        path: ./vendor
        key: ${{ runner.os }}-composer-${{ hashFiles('**/composer.lock') }}
        restore-keys: |
          ${{ runner.os }}-composer-
    - name: composer install
      if: steps.cache.outputs.cache-hit != 'true'
      run: composer install -n --prefer-dist

データベースの準備

今回はSQLiteでもテスト実行できたので、データベースを準備します。

    - name: Create Database
      run: |
        mkdir -p database
        touch database/database.sqlite

マイグレーションとテスト実行

マイグレーションとテスト実行時にSQLiteを利用するように環境変数を設定します。
.env.ciなどのファイルをプロジェクトに含めておくのもありです。

    - name: migrate
      run: php artisan migrate
      env:
        DB_CONNECTION: sqlite
        DB_DATABASE: database/database.sqlite
    - name: Execute tests (Unit and Feature tests) via PHPUnit
      env:
        DB_CONNECTION: sqlite
        DB_DATABASE: database/database.sqlite
      run: vendor/bin/phpunit

ローカルで動作確認

actを利用してローカルでワークフローを実行します。

# ワークフローの一覧
> act -l
ID             Stage  Name
laravel-tests  0      laravel-tests

# ワークフローの実行
> act -P ubuntu-latest=nektos/act-environments-ubuntu:18.04

-Pオプションで実行する環境のDockerイメージを指定します。actツール作成している方がイメージをいくつかしてくれていますが、Composerが利用できるのが指定したイメージとなります。

nektos/act: Run your GitHub Actions locally🚀 https://github.com/nektos/act#runners

初回はイメージの取得で時間がかなりかかりますが、2回目からはサクサク動作します。

GitHubで動作確認

作成したワークフローをGitHubリポジトリにPushするついでにワークフローの動作確認をします。

> git brunch feature/use-github-actions
> git checkout feature/use-github-actions
> git add .github/
> git commit -m 'Add: テスト用のGitHub Actions定義ファイルを追加しました。'
> git push --set-upstream origin feature/use-github-actions

GitHub上でもワークフローが動作することが確認できました。
やったぜ

参考

nektos/act: Run your GitHub Actions locally 🚀
https://github.com/nektos/act#installation

ワークフローをトリガーするイベント – GitHub Docs
https://docs.github.com/ja/actions/reference/events-that-trigger-workflows

GitHub Actionsでブランチ毎にワークフローを分ける – code-log
https://code-log.hatenablog.com/entry/2020/02/07/201830

cache/examples.md at main · actions/cache  
https://github.com/actions/cache/blob/main/examples.md#php---composer

GitHub Actions で LaravelのCI/CD環境を構築する(MySQL, Deployer) – Qiita
https://qiita.com/wim/items/7eb8386672fd114c2576

GitHub ActionsでLaravelのCI環境を作ってみた|TechRacho(テックラッチョ)〜エンジニアの「?」を「!」に〜|BPS株式会社
https://techracho.bpsinc.jp/wingdoor/2020_07_03/93868

元記事はこちら

GitHub Actionsを利用してLaravelのテストを自動化してみた

甲斐 甲

甲斐 甲

2018/7にJOIN。 最近の好みはサーバレスです。なんでもとりあえず試します。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。