share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.08.08 FRI

AWS SDK for RubyでIAM roleを利用する方法

三浦 剛慈

WRITTEN BY 三浦 剛慈

cloudpack三浦 剛慈です。

AWS SDK for Rubyでアクセスキー・シークレットアクセスキーを扱う際、IAM roleを利用しない場合は

コード内で直書きしたり

$config = array(
    ‘key’     => ‘XXXXXXXXXXXXXXXXXXX’,
    ’secret’ => ‘YYYYYYYYYYYYYYYYYYY'
);

別ファイルに書いておき、それを読み込んだりしますが

AWS.config YAML.load_file "/file/to/path/aws_credentials.yml"

/file/to/path/aws_credentials.ym

:access_key_id: “XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
:secret_access_key: “YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY"

IAM roleを利用する場合は

AWS.config(:credential_provider => AWS::Core::CredentialProviders::EC2Provider.new)

これでOKでした。

! 後で教えてもらったのですが、そもそもAWS.config()を書かなくてもOKとの事で、試したら動作できました。

参考URL:

元記事は、こちら

三浦 剛慈

三浦 剛慈

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。