share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.01.19 TUE

DataPortal: 新機能さかのぼり(シンプルな CASE 文)

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

DataPortalのまだ知らない使えそうな機能を求めて、新機能の一覧を遡ってみました。

シンプルな CASE 文

テストする項目を一度宣言し、一致する値を記述することで、計算フィールドで読みやすいシンプルな CASE 文を作成できるようになりました。

早速試してみます。

従来だと

when remainder = 0 then 'a'

と記述するところが、 remainderを case の右に記述することで

when 0 then 'a'

と記述できるようになっています。

んー、、、
使うかな、どうかなという感じですかね、、、

50個ぐらい分岐するなら有効かもしれないけど、5個ぐらいの分岐だと =を書いていってもさほど不便ではないのと、後々別の変数も評価するとなった時の書き換えが逆に面倒かなという気がします。

元記事はこちら

DataPortal: 新機能さかのぼり(シンプルな CASE 文)

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。