share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.12.21 MON

筋トレ系APIの探し方&使ってみた

高橋 修一

WRITTEN BY 高橋 修一

筋トレ Advent Calendar 2020という文字を見つけて何か書きたくなったので、無理やりネタをみつけてきました!

フィットネス系のパブリックデータかAPIが公開されてれば、それ使ってみるのありかな〜と思ってググったらいいの発見。

ProgrammableWebというAPIの情報をあつめたサイトにフィットネスAPIを集約しているページが!
https://www.programmableweb.com/category/fitness/api
(2020/12/05時点で登録API数:119)

ウェアラブルデバイスで集積した情報を扱ったり、サイトにヘルスケア情報などを登録するものからいろいろあって楽しそうです。

使ってみる

数あるAPIの中から適当に wger Workout Manager REST API というのに目をつけたので使ってみます。

Wger Workout Manager is an open source web application for tracking your fitness and managing your exercises.

準備

登録

まずWger Workout Manager自体にユーザー登録します。

適当に入力して登録します(すみません本当はちゃんと入力しました)

APIキーの発行

登録後にREST APIのページの「Generate API KEY」を押すと発行できます。
1回エラーみたいなのが出たけど、もう1回やったらいけました。

有効なAPIキーはユーザーあたり1つのように見えました。
「Delete current API key and generate new one」すると現在のキーを破棄し新しいキーを発行することができます。

(オプション)ウェブの画面から何かしら入力

ワークアウト履歴やスケジュールを登録する画面もありましたが、使い方がよくわからなかったので体重だけ登録しました。

APIを叩く

Example with curl

APIキー発行時に提示されたcurlをとりあえず叩きます。

$ curl -X GET https://wger.de/api/v2/workout/ -H 'Authorization: Token xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'

{"count":1,"next":null,"previous":null,"results":[{"id":xxxxxx,"creation_date":"2020-12-05","comment":""}]}

なんか返ってきたんでたぶんいけてる。

一覧

https://wger.de/api/v2/
ルートのエンドポイントを開くと、一覧が表示されて便利。ブラウザで開くリンクはさっき発行したAPIキーが適用されているようで、リンクたたけば結果が表示される。

weightentry(体重の履歴)

GET

https://wger.de/api/v2/weightentry/

{
    "count": 1,
    "next": null
    "previous": null,
    "results": [
        {
            "id": 000000,
            "user": 111111,
            "date": "2020-12-05",
            "weight": "81.50"
        }
    ]
}

さっき入力した体重が表示されてしまいました。恥ずかしいです。

POST

APIから体重を追記してみます。使い慣れているPostmanから打ってみます。

ヘッダこんな感じで入れて

覚えているいちばん昔の自分の体重を入れて打ってみます。

怒られました。体重30kg以上じゃないとダメらしいです。

仕方ないので測ってないけど適当に最近の体重を打ってみます。

いけました!

GETしてみると反映されています
https://wger.de/api/v2/weightentry/

{
    "count": 2,
    "next": null,
    "previous": null,
    "results": [
        {
            "id": 222222,
            "user": 111111,
            "date": "2020-12-01",
            "weight": "81.75"
        },
        {
            "id": 000000,
            "user": 111111,
            "date": "2020-12-05",
            "weight": "81.50"
        }
    ]
}

exercise(エクササイズ情報)

さっきはユーザーに紐づいた情報をとってみましたが、提供されているエクササイズデータを取得してみます。

https://wger.de/api/v2/exercise/

{
    "count": 409,
    "next": "https://wger.de/api/v2/exercise/?limit=20&offset=20",
    "previous": null,
    "results": [
        {
            "id": 345,
            "license_author": "deusinvictus",
            "status": "2",
            "description": "
Two Handed Russian Style Kettlebell swing",
            "name": "2 Handed Kettlebell Swing",
            "name_original": "2 Handed Kettlebell swing",
            "creation_date": "2015-08-03",
            "uuid": "c788d643-150a-4ac7-97ef-84643c6419bf",
            "license": 2,
            "category": 10,
            "language": 2,
            "muscles": [],
            "muscles_secondary": [],
            "equipment": [
                10
            ]
        },
        {
            "id": 174,
            "license_author": "flori",
            "status": "2",
            "description": "
\n
in eine aufrechte Position setzen, bei der die Beine hüftbreit geöffnet sind\n
den Rücken, die Knie und die Oberschenkelaußenseite an die jeweiligen Polster pressen\n
mit den Händen an den Griffen festhalten\n
die Oberschenkel bis zum Anschlagpunkt der Hebelarme auseinander drücken\n
danach die Beine wieder zusammen führen\n
das Gesäß nicht vom Sitz abheben\n
beim Auseinanderdrücken der Hebelarme aus- und beim Zusammenführen einatmen\n",
            "name": "Abduktoren-Maschine",
            "name_original": "Abduktoren-Maschine",
            "creation_date": "2013-07-19",
            "uuid": "99881bdd-43d7-4c3b-82ed-9c187d0455b7",
            "license": 1,
            "category": 9,
            "language": 1,
            "muscles": [
                8,
                6
            ],
            "muscles_secondary": [
                11
            ],
            "equipment": []
        }
...

こんな感じでいっぱいでてきます。今現在409あって、ページのデフォだと20個ずつ取ってるようで次ページurlもnextで返ってきてますね。

対象筋の情報や

"muscles": [
    8,
    6
]

使用器具など

"equipment": [
   10
]

属性もいろいろ載っています。この番号が何に対応しているかは
https://wger.de/api/v2/muscle/
https://wger.de/api/v2/equipment/
で確認ができます。

パスにmuscleって入ってるのいいですね。
equipmentのほうも叩くとBarbell、Bench、Kettlebellなんかが返ってきてAPI叩くだけで筋肥大しそうです。

けっこうおもしろかったので、気が向いたら是非:lifter:

元記事はこちら

筋トレ系APIの探し方&使ってみた

高橋 修一

高橋 修一

社内サービスの開発を主にやっています。大阪オフィス所属。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。