share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.11.24 TUE

コンテンツ配信を日本国内に限定する方法

こんにちは!
暦の上ではもう冬になってしまいましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私はまだまだ秋を楽しみたいので、埼玉県にあるムーミンバレーパークで秋をたくさん感じてきました!
やっぱり、自然の中を歩くのは気持ちがいいですね。大自然とムーミンに癒されたstreampackのrisakoです💁🏻🍂

今回は、Amazon CloudFront (以下、CloudFront)を使用したコンテンツの配信制限についてです。
「CloudFrontで制限がかけられるとは!」と感動した機能でしたのでご紹介します!

構成

今回は、AWS MediaLive(以下、MediaLive)とAWS MediaStore(以下、MediaStore)を使った動画配信の構成です。もちろん、動画配信ではなくWebサイトでもCloudFrontで同様に制限をかけることができます!
今回の構成と実現したいことを図で表すとこのようになります。

  • CloudFront Distributionはすでに作成されていることを想定していますので、作成方法は省略します。
  • 動画配信構成の作成・設定方法は省略します。

CloudFront設定方法

1.使用するCloudFront Distributionを選択
2.上部に表示されている項目から、Restrictionsを選択
3.配信制限をかける前は以下のような画面になっています。今回のメインはGeo Restrictionの設定変更です!左上のEditから設定します。

4.設定は以下のように変更します。

項目 備考
Enable Geo-Restriction Yes
Restriction Type Whitelist Blacklist は特定の国のアクセスを拒否する場合に使用します。
Countries JP -- JAPAN 複数選択可能です。

5.以上で変更は完了です!動作確認をしてみましょう。
変更後のRestrictionsの画面はこのようになっています。

動作確認

日本からのアクセス

まずはじめに通常通り日本からCloudFrontにアクセスし、映像が視聴できるか確認します。
ちゃんと視聴できていますね。

念の為、curlコマンドでも確認….
ちゃんと200が返って来ています!

$ curl -I https://xxxxxx.cloudfront.net/test/live.m3u8
HTTP/2 200

海外からのアクセス

次に、外国からのアクセスを想定してCloudFrontにアクセスしてみましょう。
今回は、バージニア北部に作成したEC2からアクセスしてみます。

curlコマンドで確認
403でアクセスできていないことがわかります。

$ curl I https://xxxxxx.cloudfront.net/test/live.m3u8
curl: (6) Could not resolve host: I
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<HTML><HEAD><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=iso-8859-1">
<TITLE>ERROR: The request could not be satisfied</TITLE>
</HEAD><BODY>
<H1>403 ERROR</H1>
<H2>The request could not be satisfied.</H2>
<HR noshade size="1px">
The Amazon CloudFront distribution is configured to block access from your country.
We can't connect to the server for this app or website at this time. There might be too much traffic or a configuration error. Try again later, or contact the app or website owner.
<BR clear="all">
If you provide content to customers through CloudFront, you can find steps to troubleshoot and help prevent this error by reviewing the CloudFront documentation.
<BR clear="all">
<HR noshade size="1px">
<PRE>
Generated by cloudfront (CloudFront)
Request ID: jGIOUWRCtRzkEAA3VNpUJt6Hlyulk-lrcOs4OXbFMOcYe-DiS13tNg==
</PRE>
<ADDRESS>
</ADDRESS>

curlコマンドで確認する以外にも、webpagetestというwebサイトを使用すると、簡単に海外からのアクセスを想定して検証できます!

ちなみに、今回の場合はec2と同じバージニアからアクセスすると、このような画面が表示されるようです。
curlコマンドで表示されたものと同じですね。
しっかり、海外からのアクセスをブロックできていることがわかります!

まとめ

簡単にポチポチするだけでアクセス制限がかけられるので、とても簡単でした。
一番間違えてはいけないのはwhitelistとBlacklistの箇所ですね笑
意味が真逆になってしまうので、そこだけは注意が必要だと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました😉

参考&フリー動画素材

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/georestrictions.html
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/cloudfront-geo-restriction/
BigBuckBunny

元記事はこちら

コンテンツ配信を日本国内に限定する方法

若松 理紗子

若松 理紗子

2019年4月入社。streampackチーム所属。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。