share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.10.05 MON

Azure VMSSでスケール セットを手動で増減

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

  • Azure 初心者の新川です。今回は、AzureのVMSSでスケール セットを手動で増減する方法の備忘録です。
  • 先日初めて、VMSS(Virtual Machine Scale Sets)のスケール セットを手動で変更し、VM インスタンス数をスケールインさせました。復習を兼ねて、記事にしています。
  • Azure Virtual Machine Scale Sets(仮想マシン スケール セット)とは、負荷分散を行うための VM のグループを作成して管理する機能で、手動あるいは自動のスケジュールに合わせてVM インスタンスの数を増減させることができます。
  • AWSであれば、EC2 Auto Scaling(起動テンプレート、AutoScalingグループ)の機能となります。

VMSSでスケール セットを手動で増減

  • 先ず、インスタンスの状態を確認します。Virtual Machine Scale Sets → インスタンス にて、2インスタンスが実行中であることが分かります。

  • Virtual Machine Scale Sets → スケーリングを選択し、インスタンス数を変更します。

  • 今回は手動スケールを変更し、インスタンス数を2 → 0 にスケールインさせます。

  • Virtual Machine Scale Sets → インスタンス にて、2インスタンスが削除中に変わりました。

  • Virtual Machine Scale Sets のリソース一覧から見ても、インスタンス数が “0″ に変わりました。これで作業は完了です。

元記事はこちら

Azure VMSSでスケール セットを手動で増減

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。