share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.07.20 MON

aPaaS データソースまとめ

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

以前、iPaaS のインテグレーションについてまとめてみたのですが、aPaaS のデータソースはどうなってるのだろうという疑問が湧いたので、同じように調べてみました。

Gartner によると、aPaaS 市場はこのような感じで、各社しのぎを削っているらしいです。

ほとんどわかりませんでした。

とりあえず聞いた事がある aPaaS を対象にし、利用できるデータソースを調べてみる事にしました。

  • Salesforce
  • Kintone
  • Microsoft(Power Apps)
  • Google(AppSheet)

調査結果

利用できるデータソース数を棒グラフにしました。
外部データソースを利用できるものと、そうでないものに分かれました。

Microsoft と Google は PaaS を提供しています。
他社プラットフォームのデータにアクセスできる機能を提供する事で、データは他社にあってもアプリは自社に持ってくる作戦のように見えました。

aPaaS のデータソースをまとめたもの aPaaS-DataSources

最近 AWS が Amazon Honeycode という aPaaS をベータ版としてリリースしました。
まだ触っていない上に、ベータ版なので何も書けないのですが、PaaS 提供者が aPaaS を出す意義を考えると、近い将来 Google Sheets や Microsoft Excel 、Salesforce なんかを外部データソースとして扱えるようになるのかなと思っています。

参考

元記事はこちら

aPaaS データソースまとめ

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。