share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.06.29 MON

AR.js studio でロケーションベースARを作成してみた

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

AR.js studioなるものを見つけたので、前回に引き続き、試してみようと思います。
今回はロケーションベースARです。

使い方

Step1

ロケーションベースを選択します。

Step2

  • 緯度経度を入力するか、地図をクリックして表示位置を入力します。
  • 表示したい画像をアップロードします。
  • Githubにパブリッシュするか、プロジェクトをzipでダウンロードします。

動作確認

表示されました。
が、表示位置が安定しません。

デバイスのセンサー精度や通信環境にもよるのかもしれないですが、これだけ表示位置が定まらないと使い方に工夫がいりそうです。

まとめ

AR.js studioでロケーションベースARを作ってみました。
簡単に作れましたが、表示位置が安定しないので、用途を選びそうです。

現状のAR.js studioだけで完結できるケースはあまりないかもしれないですが、大枠のコードを作ってもらって、あとは自分で書くものだと思えば便利かもしれません。
まだアルファ版という事なので、期待して正式リリースを待ちたいと思います。

元記事はこちら

AR.js studio でロケーションベースARを作成してみた

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。