share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.08.07 THU

Amazon Route 53でドメインを購入して静的サイトホスティングしてみた

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

今までドメインのレジストラはお名前.comをよく使ってましたが、以下のアップデートでRoute 53から使えるようになったみたいなので、ちょっと新しく購入してみようと思います。

Route 53 Update – Domain Name Registration, Geo Routing, and a Price Reduction

Amazon Route 53 の管理画面

なんか全体的にデザインが変わりましたね。
01

新規購入

  1. 左の「Domains」を選択して「Register Domain」を押下します
  2. 02

  3. 取得したいドメイン名の検索ができるので、TLDを選択して(最安は .me.uk の年間$8でした)チェック
  4. 03

  5. ポピュラーなTLDの検索結果が出てくるので
  6. 04

  7. 購入するものを「Add to cart」してContinue
  8. 05

  9. whoisのContact情報を入力してContinue
  10. 06

    ※Privacy protectedをYesにしたので、後でwhoisからどう見えるのか確認してみたいと思う(ちなみにPrivacy protectedによる追加料金は必要なかった)

  11. 詳細を確認したらComplete Purchaseで完了
  12. 07

    ※Registration is powered by: Gandi と書いてあるので、このドメインの登録はGandi.netがやってるみたいです。AWSがレジストラになったわけではなく複数のレジストラと連携したってことのようですね

ドメイン取得後有効になるのに5分くらいかかる?

上記で取得した.me.ukドメインの場合、ドメイン一覧に表示されるまで、5分くらいかかりました。
08

※Name Serversがデフォルトで入っており、手間がかからなさそうでいいですね。

DNS設定

では、取得したドメインで何か運用してみようということで、今回はS3の静的サイトをホスティングしようと思います。

  1. 事前準備としてS3でのStatic Site Hosting用のバケットを作成し、設定をしておきます。参考資料↓
  2. ドメイン一覧から該当のドメインを選択して「Manage DNS」を押下します
  3. 09

  4. Hosted Zoneに移動するので、「Create Hosted Zone」を選択してCreateします
  5. 10

  6. NSレコードとSOAレコードはすでにあるので、Create Record SetでAレコードを設定(R53独自のエイリアス機能でS3のEndpointを指定する)します
  7. 11

  8. アクセスしてみる
  9. 12

表示されました。

ということで、今までお名前.comとかムームードメインとか使っていたところも全てRoute53で管理ができそう(ただしドメインの価格はちょっと高め)ということが分かりました。

元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾