share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.04.06 MON

RDSにカスタマイズしたロールを付与する

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

  • 今回は、あまり知られていないRDSにカスタマイズしたロールを付与する方法をご紹介します。(デフォルトで割り当てられるサービスにリンクされたロールではありません)
  • RDSにロールを付与する具体的な用途としては、RDSからS3バケットを読み書きするなどが考えられます。
  • 先ず手動でカスタマイズしたロールを作り、RDSのコンソールでロールを付与する流れとなります。

RDSに付与するロールを作る

  • IAMのロール管理画面において、[ロールの作成]を押し、サービスに”RDS”、ユースケースに”RDS – Add Role to Database”を選択します。

  • ロールに割り当てるポリシーを選択、ロール名、ロールの説明を入力して、[ロールの作成]を押します。

RDSにカスタマイズしたロールを付与する

  • 次に、RDSのコンソールにて、メニューのデータベースよりDBクラスターを選択します。
  • 「IAM ロールの管理」より、「このクラスターに追加するIAMロールを選択」を選択し、先に作成したIAMロールを選び、[ロールの追加]を押します。
  • ロールのステータスがアクティブに変われば、完了です。

元記事はこちら

RDSにカスタマイズしたロールを付与する

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。