share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2020.03.02 MON

Route 53 ResolverによるDX環境の名前解決

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

  • 今回は、初めてRoute 53 Resolver を設定しましたので、設定方法を記事にします。
  • Route 53 はAWSが提供するネームサーバーのマネージドサービスですね。Route 53 Resolver はVPCに備わっているDNSサーバー(フォワーダー + フルサービスリゾルバー)であり、この機能を利用することで、オンプレミス/AWSのハイブリッド環境の名前解決に利用することができます。つまり、VPC作成と同時に使用されるAmazon Provided DNSをDX環境(Direct Connectで接続されたオンプレミス環境)からも使用するための設定です。

Route 53 Resolverの役割

  • Route 53 Resolverの役割を以下の図で説明します。オンプレミス環境→DX(Direct Connect)経由で投げられたDNSクエリをInbound Endpoint で受け、Route 53 Resolver に送ります。
  • Route 53 Resolver は、プライベート向けの名前解決はAmazon Provided DNSにフォワードして、インターネット向けであればフルサービスリゾルバーとしてパブリックDNS に問い合わせします。

Endpointの設計

  • Inbound Endpoint、Outbound Endpointを設定する際に、Security Group の割当が必要となります。それは、Endpoint がENI(Elastic Network Interface)で実現されているためです。(上記の構成図で見ると、ENIの役割も理解しやすいかと思います)
  • Route 53 Resolver で、Direct Connect などで接続されたオンプレミス環境からのDNSクエリを受ける場合は、Inbound Endpoint に割り当てるSecurity Group を作成します。インバウンドのルールには、オンプレミス環境のネットワークセグメントや問い合わせ元となるDNSサーバーのIPアドレスを指定します。

Route 53 Resolverの設定

  • 先ず、セキュリティグループを作成します。前述の通り、インバウンドのルールに、オンプレミス環境のネットワークセグメントや問い合わせ元となるDNSサーバーのIPアドレスを指定します。

  • Route 53 Resolverのコンソールを開き、[Configure endpoints]を選択します。

  • 今回は、オンプレミス環境からのDNSクエリを許可する設定のみを行いたいと思います。Inbound onlyを選択します。(AWS環境からオンプレミス環境へDNSクエリを許可する場合は、Outbound Endpointの設定も必要となります)

  • Inbound endpointを作成します。下記を設定します。
    • エンドポイント名
    • VPC
    • セキュリティグループ
    • IP アドレス #1
      • アベイラビリティーゾーン
      • サブネット
      • IPアドレス: 自動的に選択された IP アドレスを使用します。
    • IP アドレス #2
      • アベイラビリティーゾーン
      • サブネット
      • IPアドレス: 自動的に選択された IP アドレスを使用します。

  • 設定を確認し、問題なければ[Submit]ボタンを押します。

  • VPCにInbound endpoint が追加されたことを確認します。

  • Inbound endpointのIPアドレスを確認します。

  • Route 53 Resolver を設定すると、下記のメトリクスが使用可能です。メトリクスの詳細は参考資料に記載のAWSドキュメントを参照ください。
    • InboundQueryVolume
    • OutboundQueryAggregateVolume
    • OutboundQueryVolume

参考資料

先日 (2019/10/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 Amazon Route 53 Resolver 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver from...
Amazon CloudWatch を使用して、Route 53 リゾルバー エンドポイントから転送される DNS クエリの数をモニタリングできます。Amazon CloudWatch は raw データを収集し、読み取り可能なほぼリアルタイムのメトリクスに加工します。これらの統計情報は、2 週間記録さ...

元記事はこちら

Route 53 ResolverによるDX環境の名前解決

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。