share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2020.01.27 MON

AWS サービスクォータによる制限の確認

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

はじめに

  • 今回はAWS サービスクォータをご紹介します。AWSのユーザーあるあるとして、「現在使っているAWS環境の制限はいくつだろう?」と思うことがあります。
  • 以前は、制限を確認するためにサポートケースの履歴を調べておりましたが、2019年7月のアップデートにより、AWS サービスクォータによる制限の確認が可能となりました。今回、使っているAWS環境の制限を確認する必要があり使ってみましたので、記事しました。
  • VPCおよびEC2 に関しては、以前からEC2コンソールでの確認が可能です。こちらの記事を参照ください。

AWS サービスクォータとは

  • AWS のサービスごとにデフォルトのクォータがあります(以前は制限と呼ばれていました)。AWS のサービスのクォータを一か所から管理するのに役立つ AWS のサービスです。クォータ値の参照の他に、クォータの引き上げをリクエストすることもできます。

クォータ(制限)を確認する

  • Service Quotas コンソールを開きます。
  • クォータはリージョンによって異なります。確認したいリージョンを選択します。
  • 「AWS サービス」を選択し、現在のクォータ(制限)を確認します。(一部のリージョンしか表示されないサービスもありますので、ご注意ください)

  • 以下は、VPCのクォータであり、「Network interfaces per Region」のクォータ値がデフォルトから上限緩和されていることが分かります。また、その他のクォータは、デフォルトのクォータ値となります。

クォータ(制限)の上限緩和を申請する

  • 次に、クォータの上限緩和を申請します。クォータを選択し、「クォータ引き上げリクエスト」をクリックします。以下は、「Inbound or outbound rules per security group」のクォータを選択しています。

  • 変更後のクォータ値を入力し、「リクエスト」を選択します。
  • リクエスト後、「ダッシュボード」より「保留中のサービスクォータリクエスト」のステータスを確認しましょう。

元記事はこちら

AWS サービスクォータによる制限の確認

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。