share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.01.22 WED

AWS Elemental MediaConvert と Amazon ElasticTranscoderの違いってなに?

明けましておめでとうございます🌞
今年はねずみ年🐀ですね!
年女Risakoの新年一発目は、AWS Elemental MediaConvert と Amazon ElasticTranscoderを比較してみたいと思います!
少しでも参考になれば幸いです😉

AWS Elemental MediaConvertとは

特徴

ビデオオンデマンドコンテンツのブロードキャスト機能
AWS Elementalのテクノロジーで構成されている。
グラフィックオーバーレイ、コンテンツ保護、多言語音声、クローズドキャプションのサポート

包括的な入出力サポート
ブロードキャスト用やインターネット配信用など幅広い動画の入出力形式をサポート
MPEG-2,AVC,Apple ProRes,HEVC の圧縮規格、高度なカラーサンプリングをサポート
CMAF、Apple HLS、DASH ISO、Microsoft Smooth Streaming などの幅広いアダプティブビットレートパッケージング形式をサポート
4K解像度およびハイダイナミックレンジ(HDR)の動画コンテンツの処理および変換もサポート

リソースの自動プロビジョニング
動画インフラストラクチャの作成および管理作業を自動化する
ワークロードのプロビジョニングと管理の主な作業を自動化することで、動画処理のインフラストラクチャを管理する負担が減る。
リソースのプロビジョニングおよび最適化、サービスオーケストレーション、スケーリング、修復、回復性の高いフェイルオーバー、モニタリング、レポートなどが処理される。
ブロードキャスト用やインターネット配信など、幅広い動画の入出力形式をサポート

固有の信頼性
ビデオオンデマンドワークフローの冗長性と自動スケーラビリティ
動画コンテンツの需要に合わせて適切なコンピューティングリソースが自動的にプロビジョニングされ、応答時間やパフォーマンスを下げることなくピークのワークロードに合わせて伸縮自在にスケールされる。エラー処理といった組み込み機能は簡単に使用でき、メディアワークフロー全体をモニタリングして通知の発信などのアクションをリアルタイムで実行できる。

AWS Elemental ElasticTranscoderとは

特徴

動画ファイルの変換
サイズが大きい高品質のデジタルメディアファイルを、モバイルデバイス・タブレット・Webブラウザなどで再生できる動画ファイルに変換することが可能。

ウォータマークの挿入
ウォータマーク(画像や文字のすかし)を動画内に挿入することが可能。

サムネイルの自動生成
変換が終了すると、S3に自動でサムネイル(キャプチャ)が作成されています。

MediaConvert と ElasticTranscoder比較

MediaConvert できること

動画の結合ができる
JOB作成時に指定するINPUTの動画を複数にするのみ。
また、複数の動画の一部を切り取って結合することも可能

別の動画の音に差し替える
既存の動画の映像と音声を必要な部分だけ選んで新しい動画を作成することができる。
S3の動画を指定することができるため、映像と音声で違う動画を使うことも可能。
この動画形式で、複数言語対応の動画の作成も可能になる。

動画のノイズを軽減することができる
出力設定に[Noise reducer] というものを選択し、設定することでノイズ軽減できる。

MediaConvert できないこと

動画ファイルの暗号化のキーにKMSを利用できない

WebM動画の作成

アニメーションGIFの作成

Elastic Transcoder できること

主なユースケースは、

  • iphoneなどで撮影した動画をPCなどのマルチデバイスで見れる動画ファイルに変換
  • 動画変換時に動画に写し込まれる小さな図案や文字の挿入
  • サムネイル画像の自動再生

Elastic Transcoder できないこと

動画結合などの高度な編集

H.265に対応していない
→H.265とは、従来のH.264と比べて圧縮率が2倍になっているので動画ファイルのサイズが大幅に削減され、8Kにも対応している

エンコード結果はSNSにしか送れない

結果

今回比較してみて、必ずしもどちらがいいとは言えない結果となりました。
WebM出力・MP3オーディオのみの出力・アニメーションGIF出力などを使う場合は、 ElasticTranscoder
それ以外の場合は、コストメリット・最先端フォーマットへの対応などの利点から MediaConvertなど、必要な機能やコストなどそれぞれの特徴を踏まえて利用するのが良さそうです!✨

最後までありがとうございました🙇

参考サイト

元記事はこちら

AWS Elemental MediaConvert と Amazon ElasticTranscoderの違いってなに?

若松 理紗子

若松 理紗子

2019年4月入社。streampackチーム所属。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。