share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2020.01.21 TUE

ALBのIPアドレスを調査する

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

  • ALB(Application Load Balancer)は、スケールアウトやALBが代替されるタイミングで割り当てられている IPアドレスが変わります。そのため、ALBへのアクセスはDNS名を使用しますが、トラブルシューティングやパケットキャプチャを行う際にALB のIPアドレスを把握したい場合があります。
  • 今回は、Internalに配置しているALB のIPアドレスを調査する方法をご紹介します。

ALBのプライベートIP調べ方

nslookupコマンドで、ALBのIPアドレスを調べる

  • Route 53を使用し、backend.oji-cloud.net のレコードにALB のDNS名を登録していると仮定します。ALB に対して、nslookupを行い、ALBのIPアドレスを確認します。
  • この方法を使用することで、internalに配置しているALB も IPアドレスを調査することが可能です。
niikawa@niikawa1:~$ nslookup backend.oji-cloud.net
Server:         10.0.2.4
Address:        10.0.2.4#53

Non-authoritative answer:
Name:   backend.oji-cloud.net
Address: 10.10.2.55
Name:   backend.oji-cloud.net
Address: 10.10.3.111

EC2 のENIからIPアドレスを調べる

  • EC2のAWSコンソールを使用し、フィルターからALBに設定されている名前で検索します。検索結果より、現在ALB に割り当てられているENI(Elastic Network Interface)のIPアドレスを確認します。

CloudTrailからIPアドレスがいつ変わったかを調べる

  • nslookupやEC2のAWSコンソールでは、現在のALB IPアドレスを調べることができますが、以前のIPアドレスがいつから使えなくなったのか?、現在のIPアドレスはいつ変わったのか?を知ることはできません。
  • そこでCloudTrail を使って、Network Interface の履歴を調べます。
  • イベント履歴より、フィルターに”リソースタイプ” / “NetworkInterface” を指定します。
  • この履歴からIPアドレスは分かりませんが、前述のEC2のAWSコンソールから調べたENIの id を元に、ALB に使用していたNetwork Interfaceの作成された日時、削除された日時を追うことが可能です。

元記事はこちら

ALBのIPアドレスを調査する

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。