share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2020.01.15 WED

リンク切れチェッカーのWebサービス「hrefine」リリース

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

Web制作をしていると外部サイトへのリンクを張ることがありますが、時が経つとリンク先がサイト閉鎖や移転などでいつの間にか消えていることがあります。

リンク先は自分の管理下ではないので気にしなければいいという考えもありますが、あまり気持ちの良いものではなく、サイトを見ているかたにとってもリンクをクリックして目的のページが現れないとモヤっとした気持ちになると思います。(少なくとも僕はそうなります)

個人の趣味のサイトならともかく企業やショップのサイトなどではイメージダウンにもつながりかねません。

とはいえこのチェックはとても面倒な作業であまり生産的ではないのでできればやりたくないかたが多いのではないでしょうか。

そこでこの確認作業を自動化する「hrefine」(エイチ・リファイン)というWebサービスを作りました。

aタグのhrefで指定したリンク先がきちんと存在するか(fine?)を調べるサービスなのでこのようなネーミングにしました。

使い方はチェックしたいWebページのURLを入力してアイコンをクリックするだけ。そのページ内に含まれる外部リンクの存在を自動的にチェックしてくれます。

自分が作っているWebサイトの動作確認だけでなく「あのサイトにはどんなリンクが含まれているんだろう」というのを調べたい時にも便利です。

またブックマークレットを用意しているので、まずブラウザのブックマークバー(Chrome)/ブックマークツールバー(Firefox)に登録しておき、チェックしたいWebページを表示してブックマークレットをクリックすればhrefineの画面に切り替わってそのページのURLがURL欄に自動的にセットされるのでよりお手軽です。

このサービスの主な仕様は以下のとおりです。

⦿ チェック対象のプロトコルはHTTPS/HTTPのみ(FTPSなどは対象外)
⦿ ページがリダイレクトされる場合はリダイレクト先のページを参照する
⦿ サブドメインは同一ドメインとみなさずチェック対象とする
⦿ サーバへの負荷を考慮してチェックするリンク数は最大50とする

このサービスがWeb制作を効率化する一助になれば幸いです。

尚、サポートしているブラウザは記事執筆時点のGoogle ChromeとFirefoxの最新バージョンです。

元記事はこちら

リンク切れチェッカーのWebサービス「hrefine」リリース

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。