share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.11.08 FRI

Windows Server 2008 R2 on EC2 はスケスケ(Aero Glass) Windows クライアントになるか。

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

Microsoft から Microsoft Remote Desktop というiOSアプリが数週間前に出ました。
ところが私の家にWindows 系のマシンがありません。そこで、EC2上にWindows Serverを立て、繋いでみようと思いやってみました。

Windows Server を起動する

■EC2 Management Console で Windows Server 2008 R2 を起動する

・EC2 Management Console にログイン。


・Launch Instance を押下。


・Microsoft Windows Server 2008 R2 Base – ami-e3dd41e2 を選択(Select)する。


・無料使用枠のある t1.micro が選択されていることを確認し「Review and launch」を押下。


※私の場合、既存の Security Group を選択して「Review and launch」を押下しましたが、特に設定しなければ、RDPポートだけ開放された Security Group が新規作成されます。
※特に設定を変更しないと「EC2-classic」が選択されています。VPC内に起動したい場合はRDP接続可能なようにインターネットゲートウェイが付与されたサブネット内に起動しましょう。

・設定を確認し「Launch」を押下。


・キーペアを選択(あるいは新規作成)して注意書きに同意したら「Launch Instances」を押下。


インスタンスの起動はこれでOKです。

インスタンスに接続してみる

■EC2 Management Console でインスタンスを選択し、Connect を押下 → Connect To Your Instance 画面で「Get Password」を押下


・キーペアを選択して「Decrypt Password」を押下。


・Windows パスワードが取得できます。

iPad から接続してみる

■app store から「RD Client」アプリをダウンロードする
ダウンロートはこちらから→Microsoft Remote Desktop

・接続情報として「PC Name」にEC2のPublic DNS、「User name」にAdministrator、「Password」にWindowsパスワードを設定して接続する。


・警告が出るが「Connect always」で接続する。


・接続できるとこんな感じになります。

Aero Glass にチャレンジ

RDS SAL(Microsoftが提供するSPLAのライセンス)を用いてWindows Aeroモードにしてみる。

■リモートデスクトップセッションホストの役割追加

・以下の画面のように役割を追加する。







↑ここが大事なところです。「デスクトップコンポジション」によってWindows Aero効果が提供されます。




・再起動したら画面を確認します。このとおりWindows Aeroモードになります。


・しかし、この画像からは分かり難いですが、いわゆるAero Glassになっていません。

・DirectX 診断ツール(dxdiag.exe)で確認したところ、DirectXの機能が使えないため、Aero Glassは使えないということのようです。

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾