share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2019.12.16 MON

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる7(ピンのモデル)

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

A-Frameをつかって物理演算ができるようにしてみます。
前回、ピンの物理的な形状を設定し、sphereとcylinderにおいて中心の不一致が見られました。

今回は利用するモデルによって差があるのかどうかを確認してみます。

例1)pin1

以前から利用しているモデルです。

demo
中心がずれてます。

例2)pin2

これまでとは別のモデルを試してみます。

demo
これもずれてます。

例3)pin3

さらに別のモデルです。

demo
ちょっと違うずれ方ですが、ずれてます。

例4)pin4

さらに別。

demo
ずれてる。

まとめ

4つのボーリングのピンのモデルを試してみました。
モデルにより物理的な形状とレンダリングされる形状の中心のずれ方は違いましたが、一致もしませんでした。

blender等を用いてモデル側で調整ができるかもしれないですが、
どうせモデルによってズレるのであればA-Frame側で調整する方が良いような気もします。

次はA-Frame側で物理的な形状とレンダリングされる形状の中心を揃えてみたいと思います。

参考

今回利用させていただいたピンのモデルです。

元記事はこちら

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる7(ピンのモデル)

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。