share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.12.10 TUE

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる5(ボールの回転への抵抗)

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

A-Frameをつかって物理演算ができるようにしてみます。
回転に対する抵抗をみていきます。角減衰と言うようです。

回転に対する抵抗が増えたらどうなるのか、ちょっとイメージが湧かないです。
ボールは転がっているので転がりにくくなるのか、、、それだとこのボーリングの例では線形減衰との区別がつかないです。
とりあえずやってみます。

例1)angularDamping=0.01
デフォルト値です。

demo
例2)angularDamping=1
抵抗を最大にしてみます。

demo
ピンと衝突した時に、ブレーキがかかったように止まりました。

例3)angularDamping=0.0001
抵抗を小さくしてみましょう。

demo
0.01の時と比べて、衝突時に受ける影響が少なくなっているように見えます。

例4)angularDamping=0
抵抗を無くしてみましょう。

demo
0.0001との差は感じません。

まとめ

このボーリングの例だと、角減衰はボールとピンの衝突時に影響する値のようでした。
ピンからの反作用が減衰するという事でしょうか、ちょっとイメージがついていません。
とりあえず、デフォルトの0.01よりは0.0001の方がボーリングらしい動きに見えるので、0.0001を採用します。

元記事はこちら

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる5(ボールの回転への抵抗)

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。