share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.12.04 WED

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる1(ボールの速度)

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

A-Frameをつかって物理演算ができるようにしてみます。
個々の設定値がどういう意味で、何をどう設定したらどんな効果があるのかを検証していきます。
最終的にはボーリングっぽい振る舞いをさせる為の設定値を見出すことを目標にします。

今回はボールに与える速度を検証します。

レーンとピンとボールをシーンに用意します。
ボールに速度を与えます。
速度を変更した例を以下に掲載します。

例1)z方向に-20

ひとまず-20で設定してみます。
手前から奥に行ってもらう為にz軸にマイナスの力を与えます。

demo
ボールがピンに押し返されています。
たまにこういう人もいますが、ちょっと弱いですね。

例2)z方向に-200

先ほどは弱すぎたので、とりあえず10倍ぐらいにしてみましょう。

demo
やりすぎました。

例3)z方向に-80

このぐらいでしょうか。

demo
いい感じです。

まとめ

速度としては-80ぐらいで検証を進めることにします。
今後の課題としてはこれらをなんとかしたいなと思います。

  • ボーリング場にくらべてボールの減速がはやい気がする
  • ピンが倒れても起き上がるのがなんとも言えない気持ちになる

参考

元記事はこちら

A-FRAME: 物理演算でボーリングっぽい動きを実現してみる1(ボールの速度)

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。