share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.11.26 TUE

CI/CDの基本

廣山 豊

WRITTEN BY 廣山 豊

CI/CDという言葉も色々なところで耳にするが、バズワードになっているのではないだろうかという気もしています。
とっかかりの方を対象に、なるべく簡単にまとめたいと思います。
また、AWSにはCI/CDを実現するための複数のサービスがリリースされていますが、それぞれどのような役割を担っているのか、合わせて整理したいと思います。

インターネット上に同じようなサイトはありますが、一応。

CI/CDの種類

そもそも、CI/CDは、開発からデプロイまでにおける一連のプロセスに関する、自動化についての設計種別になります。
継続的デプロイとかの言葉を耳にされたことがあるかもですが、以下の3種の総称になります。

  • Continuous Integration
  • Continuous Delivery
  • Continuous Deployment
    (なので、厳密に言えば、CI/CD/CDや、CI/CDsって表記してもいいようにも思います)

下に行くほどカバーする自動化フェーズが広くなります。
図で表すと以下のようになります。

個人的には、Continuous DeliveryからContinuous Deploymentの心理的ハードルが高い気がします。

CI/CDのツール

CI/CDは上記のようにプロセスのため、ツールは必須ではないですが、現実的にツールを使わないと辛いと思います。
Travics CI、Circle CIやJenkins、GitLabいろいろあり、それぞれに特徴がありますので、要件から選んでもらえれば。

機会があれば、別の投稿にてツールの紹介もしたいと思います。

元記事はこちら

CI/CDの基本

廣山 豊

廣山 豊

もっか修行中

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。