share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.11.08 FRI

MediaLive で 4K/UHD ライブストリーミング

木村 智一

WRITTEN BY 木村 智一

ようやっと新しいホイールが届いたので早く付けたくてウズウズしている streampack 木村です。

4Kライブをお手軽にやろうとすると、今まで実質 Wowza くらいしか選択肢がなかったのですが、MediaLive も 4K/UHD 配信に対応したので、以前試した下記の記事の Wowza を MediaLive + MediaPackage に変えて実験してみます。

【前回記事】ffmpeg でファイルから4K HEVC疑似ライブストリーミング

構成

Encoder (ffmpeg on EC2) -> RTP -> MediaLive -> MediaPackage -> Player

なんで MediaPackage を使うかというと、以前の案件で Wowza から 4K DASH を出していたから、今回も DASH ろうという魂胆です。

設定

MediaLive

Input

前回は ffmpeg から UDP MPEG-TS で投げてましたが、MediaLive では受けれないので、 RTP_PUSHで取ることにします。

Channel

Output groupsMediaPackageに。
DASH 要らんわって方は S3 でも MediaStore でも良いでしょう。

3840×2180 UHD H.265 30fps で出力します。
ビットレートは10Mbps

MediaPackage

Endpoints

DASH とついでに CMAF も両方作ってみる

Encoder

Encoder は前回と同じく ffmpeg
今回は RTP で投げるので下記コマンドで。
ぐるぐる回すファイルの作成方法は前回記事で。

$ ffmpeg -re -stream_loop -1 -i hevcuhd.mp4 -c copy -map 0 -f rtp_mpegts -fec prompeg=l=5:d=20 rtp://xxx.xxx.xxx.xxx:5000

視聴

Mac で確認してみます。
左が Safari (CMAF)、右が VLC (MPEG-DASH) です。

4K ディスプレイでフルスクリーンにしてもキレイですよ!

元記事はこちら

MediaLive で 4K/UHD ライブストリーミング

木村 智一

木村 智一

動画一筋! 犬と闘う streampack チームリーダー

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。