share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.07.24 THU

PHP で HTTP のリクエストヘッダとレスポンスヘッダを確認する

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

cloudpack の 自称 Sensu芸人 の かっぱこと 川原 洋平@inokara)です。

はじめに

同僚のセバスチャンに教えてもらったのでメモ。セバスチャン、有難うございます。


準備

試した環境

  • Amazon Linux
  • 既に Apache がインストールされている

PHP をインストールする

yum -y install php

PHP で以下のようなスクリプトを置いておく

ドキュメントルートに以下のような PHP スクリプトを置きます。

hoge.php
$value){
    echo"$name : $value
"; } ?>

スクリプト名は hoge.php とでもしておきましょう。getallheaders() という関数の中にリクエストヘッダの全てが配列として入っているそうです。ちなみに PHP の場合には配列を取り出す場合には以下のようにするようです。

example.php
foreach(配列変数as$キー変数=>$値変数){
    echo"$キー変数 : $値変数
"; }

なるほど。

HTTP リクエストを投げるツール

  • ブラウザからアクセスしてみます
  • Mac 版だと HTTP Client というツールが良いそうです

確認

ブラウザで

hoge.php にアクセスしてみましょう。

01

上記のように表示されました。

HTTP Client で

HTTP Client でレスポンスを確認してみます。せっかくなので独自ヘッダも追加してリクエストを送ってみると…

GET メソッドで…

02

POST メソッドで…

03

POST メソッドの場合には Content-Length ヘッダも一緒に送信されるようですな。


簡単に…

HTTP リクエストの情報をダンプしたい場合にどうやってやるんだろうと…悩んでいたところにこんなに簡単にダンプ出来るのは色々と捗りそうです。セバスチャン、有難うございました!

元記事は、こちら

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。