share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.09.30 MON

integromatでRSSフィードをAWS S3に保存

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

integromatを使ってRSSフィードをAWS S3に保存しました。
非常に簡単な作業でしたが、手順を残しておきます。

事前にS3に対しての処理を許可するIAMユーザーの作成が必要です。
今回のシナリオに必要なIAMユーザーの権限

  • s3:ListAllMyBuckets
  • s3:PutObject

シナリオの作成

+ Create a new scenarioから一連の処理を繋ぐシナリオを作成します。

連携させたいサービスの選択

今回はRSSフィードをS3に保存するので、

  • RSS
  • AWS S3

を選択します。

RSSを設定

今回はRSSのURLを指定します。

文字列処理

RSSのDescriptionを利用したいのですが、HTMLタグが余計なのでText parserで文字列のみ取得します。

S3を設定

新規コネクションを作成

事前に作成したIAMユーザーのアクセスキー、シークレットキーを設定します。
シークレットキーに/ が含まれている場合、処理に失敗するので再発行して下さい。

S3バケットとオブジェクトの設定

S3バケットとオブジェクトを設定します。
適当にRSSの内容からファイルの内容を組み立てます。

設定おわり。
Runボタンでテスト実行して動作を確認して下さい。

参考

プラン

現状FREEプランで利用しています。
複数のRSSに対しての処理を予定しているので、別のサービスで先にRSSをひとまとめにした上でintegromatを使おうとしたのですが、FREEプランのファイルサイズ上限5MBにひっかかってしまいました…
それでも、無料で簡単にこれだけの事ができるのはすごいので、うまく使っていけたらと思います。

元記事はこちら

integromatでRSSフィードをAWS S3に保存

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。