share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.12.14 FRI

EBS暗号化ツールSecureCloudを使ってみる(登録編)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

下記にあるように、以前EBSの暗号化ツールとしてcryptsetupを紹介しましたが、
類似ツール SecureCloudトレンドマイクロ社から提供されている為、
今回はそちら(Free Trial)を試してみることにしました。

まずはFree Trialボタンから、トライアルライセンス(Activation Code)を取得します。

下記のように登録を行います。

そうすると、以下のようにトライアルライセンスのActivation Codeが発行されます。

次はManagement ConsoleへのContinueボタンを押し、Management Consoleへの登録を行います。

上記のアカウントが利用できるようになったら、下記のようにManagement Consoleにログインします。

ログインすると以下のように、サイドバーに様々なメニューのあるページが表示されます。

下記メニュー(Production License)からActivation Codeの登録を行います。

今回、以前登録した期限切れトライアルライセンスが残っていました。

この為、Please enter a new activation codeボタンより、最初に取得したトライアルライセンスの
Activation Codeに入れ替えました。

入れ替えが成功すると次のように60日間、合計5個のEBSまで利用することが可能となりました。

最後に、下記メニュー(User Management)から、エージェントのインストールに必要な情報を確認しておきます。

エージェントをインストールする際に必要な情報は、Account IDとProvision passphraseとなります。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。