share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.07.23 WED

crmコマンドでPacemaker設定を初期化する方法

三浦 剛慈

WRITTEN BY 三浦 剛慈

cloudpack三浦 剛慈です。

crmコマンドでPacemaker設定を再設定する際には、過去のバージョンの場合は

# rm -f /var/lib/heartbeat/crm/*

で設定初期化できましたが、

のリポジトリでcrmコマンドをインストールした場合、/var/lib/heartbeat/crm/そのものや、それに該当するフォルダが見当たらない為、初期化できません。

そこで、crmコマンドでPacemakerの設定を初期化する方法を調べました。

# crm node standby 1系のホスト名 監視ノードを全てスタンバイにさせて
# crm node standby 2系のホスト名 
# crm configure erase       初期化コマンド実行。上記コマンドでスタンバイにさせないとエラーに
# crm node online 1系のホスト名  初期化後に監視ノードを全てオンラインに戻します。
# crm node online 2系のホスト名  ここまで実行すれば、1からcrmコマンドで再設定が出来ます。

元記事は、こちら

三浦 剛慈

三浦 剛慈

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。