share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.09.03 TUE

obnizOSがリリースされました!

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

以前から予告されていたobnizOSがついに一般公開されました!

obnizといえば今までは物理デバイスであるobniz Boardのことを指すことが多かったですが、obnizOSがリリースされたことにより、obnizはプラットフォームであることが名実ともに示されました。

まずはESP32を使ったマイコンボードや開発キットが対象で、これらにobnizOSをインストールすればobniz Boardと同じようにクラウドからエッジデバイスが制御できるようになります。

これはソフトウェアエンジニアがハードウェアの違いを超えて一つのインタフェースで統一的にデバイスを制御できる画期的なコンセプトで、他のマイコンへの対応や基本機能の拡充など大きな可能性を秘めています。

僕もさっそくESP32-DevKitCにobnizOSをインストールしてLチカしてみましたが、本当に簡単でした。

  • 関連資料・記事

[obniz] obnizOSを使ってESP32-DevKitCでLチカ

今後もobnizの動向に注目ですね。

尚、obnizにはFacebookグループもありますので興味のあるかたはぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

元記事はこちら

obnizOSがリリースされました!

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。