share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.08.06 TUE

ムードボードまとめまとめ

松本 勝年

WRITTEN BY 松本 勝年

Webサービスの画面を考える事になったのですが、どのようにイメージを固め、合意形成していくべきか悩んでいました。
悩みながらググっていると、ムードボードという方法にたどり着きました。
良さそうな感じがしたので、自分で試すべくムードボードについてのまとめをまとめてみました。

ムードボードとは

画像や写真、文字、カラーチャートなどを組み合わせて、1つのコラージュにまとめる事で、言葉では表しきれない雰囲気を表します。

意義

ムードボードでデザインする5つの理由 – ムードボードを利用するメリットを5つ明記してくれています。

作り方

あなたのブランドのためのムードボードの作り方 – バランス、ターゲット、一貫性を考慮して、画像、色、比喩、雰囲気、言葉、書体、テクスチャ、パターン、形を選択して、いい感じに配置すればいいよと、おしゃっているようです。

現役のグラフィックデザイナーが教える!ムードボードの作り方&新しいアイデアを生み出し続ける方法 – 様々なムードボードのパターンを例示しながら、17のステップを設けて解説してくれています。

デザイン認識の違いを防ぐ、効果的なムードボードの作り方ポイントまとめ – 上のサイトの日本語版

ツール

デザイン初心者必見!デザインの方向性を共有する「ムードボード」を便利ツール5選とともに解説 – NiiceとMURAL以外はリンク切れですね。Niiceはテンプレートが選べて画像の配置がお手軽にでき便利です。

アイデア共有に必須のムードボード!おすすめ作成ツール集 – Canvaは様々な用途を想定したテンプレートが用意されていて、それを見るだけでも勉強になりそうです。

元記事はこちら

ムードボードまとめまとめ

松本 勝年

松本 勝年

フロントエンドに興味があるエンジニア

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。