share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.07.22 MON

作成したLaravelコンテナを軽量化する

若松 剛志

WRITTEN BY 若松 剛志

どうも、若松です。

前回はDockerでLaravelを起動するまでをまとめました。
https://cloudpack.media/48184

しかしながら、現在のコンテナイメージはお世辞にも軽量とは言えません。
コンテナイメージサイズはコンテナ起動時間に直結するため、できるだけ軽量化していきたいと思います。

Dockerfile

FROM amazonlinux:2 as vender

# PHPインストール
RUN amazon-linux-extras install -y php7.3
RUN yum install -y php-pecl-zip php-mbstring php-dom

# Composerインストール
RUN php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
RUN php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '48e3236262b34d30969dca3c37281b3b4bbe3221bda826ac6a9a62d6444cdb0dcd0615698a5cbe587c3f0fe57a54d8f5') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
RUN php composer-setup.php
RUN php -r "unlink('composer-setup.php');"
RUN mv composer.phar /usr/local/bin/composer

# 環境変数設定
ENV COMPOSER_ALLOW_SUPERUSER 1
ENV COMPOSER_HOME "/opt/composer"
ENV PATH "$PATH:/opt/composer/vendor/bin"

# Laravelインストール
RUN composer global require "laravel/installer"

# Laravelプロジェクト作成
WORKDIR /var/www
RUN composer create-project laravel/laravel laravel

FROM php:7.3-alpine

# ビルド用コンテナから必要なコンテンツをコピー
COPY --from=vender /var/www/ /var/www/

# ポートを公開
EXPOSE 8000

# Laravelサーバーを実行
WORKDIR /var/www/laravel
CMD ["php","artisan","serve","--host","0.0.0.0"]

軽量化に際して覚えておくこと

マルチステージビルド

マルチステージビルドは、一般的にビルドに必要なコンテンツの生成フェーズと実行に必要なコンテンツに絞ってコンテナを固めるフェーズに分けてコンテナをビルドすることを指します。
ビルド時に必要だが実行時にには必要ない(一般的にDeveloperKitのような)ものを実行するコンテナから除外できるため、コンテナイメージの軽量化が期待できます。

squashオプション

Dockerfileでビルドする際、Step毎にコンテナのレイヤーが生成され、最終的なコンテナはそのレイヤーを含むためにサイズが肥大化しがちです。
ビルド時にsquashオプションを用いると、最終的にレイヤー1つに集約してくれるため、コンテナイメージの軽量化が期待できます。

Alpine Linux

詳細は割愛しますが、軽量OSとしてコンテナ界隈では有名です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Alpine_Linux

Alpine Linuxをベースとすることで、その他のイメージをベースとするよりも、コンテナイメージの軽量化が期待できます。

Dockerfile詳細

ビルド用イメージ

FROM amazonlinux:2 as vender

前回同様、AmazonLinux2をベースとしていますが、後段でしようするためにエイリアスとしてas venderを付けています。

省略

# PHPインストール
# Composerインストール
# 環境変数設定
# Laravelインストール
# Laravelプロジェクト作成
# ポートを公開
# Laravelサーバーを実行

上記は前回と同じなため、解説を省略します。

実行用イメージ

FROM php:7.3-alpine

PHP公式から提供されているAlpineLinuxのイメージを使用します。
これによってAlpineLinux且つPHP7.3の環境を構築できます。

ビルド用コンテナから必要なコンテンツをコピー

COPY --from=vender /opt/composer/vendor/ /opt/vender/
COPY --from=vender /var/www/ /var/www/

前段のビルド用コンテナから必要なコンテンツをコピーします。
ここで前段で用いた、 as vender 効力を発揮します。

コンテナビルド

docker build -t laravel . --squash

ビルド時に --squashオプションを付加します。
これによってレイヤーを1つに集約し、計量化を図ります。

軽量化前と軽量化後の比較

軽量化前

docker images laravel
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
laravel         latest              xxxxxxxxxxxx         xx seconds ago        748MB

軽量化後

docker images laravel
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
laravel         latest              xxxxxxxxxxxx         xx seconds ago        117MB

まとめ

少しの工夫でコンテナが軽量化できることがわかっていただけたと思います。
最初にも述べたように、コンテナイメージサイズはコンテナ起動時間に直結するため、積極的に軽量化を図っていきたいですね。

元記事はこちら

作成したLaravelコンテナを軽量化する

若松 剛志

若松 剛志

AWS環境の構築、運用を担当。インフラを中心に雑食な感じで生きてます。JAWS-UGでも活動中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。