share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.07.03 WED

「WOMAN TECH TERRACE」に行ってきました

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

女性エンジニアによる女性エンジニアのためのカンファレンス「WOMAN TECH TERRACE」に行ってきました。
女性向けらしく会場も華やかな雰囲気になっていました。この「TERRACE」には「女性を照らす」という意味も込められているそうで、センスの良さを感じます。

男性にとっても良い機会だということで男性も参加OKなのがいいですね。懇親会は女性限定でしたが(笑)

イベントは日本IBMの戸倉彩さんの基調講演に続いてキャリアと技術の2軸のセッションが設けられていました。

僕はキャリア軸のほうを見させていただきましたが、戸倉さんの基調講演もその後のセッションも学びが深くて大満足でした。

まず戸倉さんの「人生いろいろなことがあって、時には回り道のように見えることもあるけれど結果的に無駄なことはなにもない」というお話はご自身のキャリアやライフステージをベースにしているので非常に説得力がありました。

またトークセッション1の大企業・スタートアップ・フリーランスそれぞれの良さを当事者のみなさんが伝えてくれていたり、LT1とLT2で女性ならではのキャリアの作り方やそれをサポートする企業の姿勢や各種制度が知れたり、トークセッション2でコミュニティ活動の良いところ(モチベーションが上がる、視野が広がる、視座が上がるなど)をいろいろなコミュニティを主催するみなさんが紹介してくれていたり、とにかく勉強になることばかりでした。

Twitterでも参加者のみなさんがたくさんつぶやいていたのでとても充実したイベントだったことがうかがえます。ここで写真付きのツイートを中心に少しご紹介します。

基調講演

戸倉彩「IT業界で活躍する女性エンジニアのための未来ポートフォリオ」

トークセッション

「大企業・スタートアップ・フリーランスで働くエンジニアの働き方の違い」

「技術コミュニティ活動を続ける理由」

コミュニティについては僕も主催をしているので以前こんな記事を書きました。

  • 関連資料・記事

ないものを作る喜び(Arduinoファンコミュニティ)

全体

他にもみなさん、たくさんつぶやいているのでハッシュタグ#wttjpを追ってみて下さい。また技術セッションと懇親会については参加していないので割愛します。(LTは短時間だったので割愛)

IT系のコミュニティやイベントは主催者・参加者が男性ばかりなので、男性も時々こういうイベントに参加して普段と逆の立場を感じたほうがより良い運営ができると思っています。

元記事はこちら

「WOMAN TECH TERRACE」に行ってきました

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。