share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.05.20 MON

「Arduinoファンヒアリング会#001」開催しました

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

本日「Arduinoファンヒアリング会#001」を開催しました。いつものもくもく会とは違います。

発端となったのは、リクルートを辞めて起業し、メイカーズ向けのコミュニティサービスの立ち上げを検討されている株式会社Antway代表の前島さんが『メイカーのみなさんからニーズヒアリングをしたい』とArduinoファンコミュニティのFacebookグループに書き込んでくださったのがきっかけで、せっかくヒアリングをするのなら個別にリモートでやるのではなく直接いろいろなかたと会ってお話するほうが濃い意見が聞けると思ったのでイベント(お茶会)形式にしました。

参加者は以下のような多彩な活動をされているみなさんで、少人数でとても有意義な意見交換ができました。

藤原さん

産業機器製造のAUTOLAB株式会社の代表で、クラウドファンディングで目標金額の176%もの資金が集まったロボットアーム「CO-」を企画・開発・販売していることでも有名です。

國頭(くにとう)さん

ハードウェアのデバッグを支援するデバッグ・ラボを運営しています。

藤澤さん

ロボットを主としてテクノロジーとアートを組み合わせた新しい表現を追求していくロボットパレードの企画・運営をされています。

今日はパンチカードで自由にメロディーが作れる「オルガニート」を実演してくださいました。とても優しい音色です。

オルガニート愛好会という会もあるそうなので興味のあるかたはチェックしてみて下さい。

田中さん

ワンフットシーバスという屋号でIoT界隈を中心に様々なお仕事をされていて、先日ご紹介したプロトタイピング専門スクール「ProtoOut Studio」では講師長も務められています。

今後もこのようにいろいろな形式のイベントをやっていこうと思っていますので、興味のあるかたはArduinoファンコミュニティのFacebookグループにご参加下さい。

関連情報

元記事はこちら

「Arduinoファンヒアリング会#001」開催しました

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。