share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.07.17 THU

Check! Amazon Mobile Analytics アマゾン モバイルアナリティクス

大平 かづみ

WRITTEN BY 大平 かづみ

cloudpack大平 かづみです。

早速、コンソールから Amazon Mobile Analytics にアクセスしてみました!

01

取り急ぎ、和訳してみました。

Amazon Mobile Analytics は、スケールにおけるアプリの利用状況を、容易に収集、可視化、理解するためのサービスです。

アプリからの受信データから、60分間分の利用レポートを配信するよう設計されています。そのため、利用者はそのデータをもとにより早く行動できるようになります。

このサービスは、1億イベント/月まで無料で利用できます。

手順

ステップ1. Cognitoへ

Amazon Cognito のアイデンティティプールを作成します。もしすでに Cognito のアイデンティティプールを作成している場合、もしくはIAMユーザで認証されている場合、スキップしてステップ2.へ進んでください。

ステップ2. 簡単なSDKダウンロードと統合

AWS Mobile SDK をダウンロードし、iOSやAndroid、FireOSアプリに統合してください。

ステップ3. レポートを見る

あなたのアプリのエンゲージメントレポートとモニタリングデータを見てください。


実際にどんなレポートが見れる?

View Anazon Mobile Analytics Demo でデモアプリのレポートを見ることができます。

02

  • Overview
    • Lifetime Users
    • Lifetime Value Per User
    • Daily Active Users (DAU)
    • Monthly Active Users (MAU)
    • New Users
    • Sticky Factor
    • Total Sessions
    • Day 1 Retention
    • Average Revenue Per DAU (APPDAU)
    • Paying Daily Active Users Average Revenue Paid DAU (ARPPDAU)
  • Active Users
  • Sessions
  • Revenue
  • Retention
  • Custome Envets

各詳細レポートでは、以下の詳細を確認できます。

  • グラフは、折れ線グラフと、棒グラフ
  • csvで出力できる

Epilogue

100 million が 1億であることに驚愕しました(笑)
引き続き、どんなデータで何が知れるのか、などを確認していきたいと思っています。

元記事は、こちら

大平 かづみ

大平 かづみ

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。