share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.01.08 TUE

公開AMI(CentOS6)を作成する直前で行っていること(UPDATE)

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

AMI(CentOS6)作成時の最後にどんな処理を行なっているか、公開AMIを作成する直前で行っていることの記事で
まとめていたのですが、次にリリースするAMI(CentOS)はcloud-initを導入したりして処理する内容が増えた為、
まとめ直しておきます。

・yum関係のクリア

  # yum clean all

・SSHのホストキー関係のクリア

  # rm -f /etc/ssh/ssh_host_*

・cloud-init関係のクリア

  # rm -rf /var/lib/cloud

・ホストファイルからcloud-initが作った行を削除

  # cat /etc/hosts
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost

・ログファイルのリセット

  # cd /var/log
# ls -F | grep -v / | xargs -L1 cp /dev/null

・上記でリセットできなかったファイルのリセット(特にauthorized_keys)

  # cp /dev/null /var/log/audit/audit.log
cp: `/var/log/audit/audit.log' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes
# cp /dev/null /root/.ssh/authorized_keys
cp: `/root/.ssh/authorized_keys' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes
# cp /dev/null /root/.bash_history
cp: `/root/.bash_history' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes

・ヒストリー情報の削除

  # history -c

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。