share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.03.11 MON

imagemin-pngquant@7.0.0からoptionの書き方が変わってるから注意

工藤 響己

WRITTEN BY 工藤 響己

imagemin-pngquantv7.0.0からoptionの書き方が変わったので注意です。
v7.0.0にアプデした上でv6.0.1までの書き方をすると ArgumentError: Expected argument to be of type 'array' but received type 'string' というエラーが出ます。

imagemin-pngquant@6.0.1までの書き方

pngquant({
    quality: '70-85',
  })

imagemin-pngquant@7.0.0以降の書き方

pngquant({
    quality: [.7, .85],
  })

上記のように配列にした上で、最小値0から最大値1の範囲を小数点を使って表しましょう。

元記事はこちら

imagemin-pngquant@7.0.0からoptionの書き方が変わってるから注意

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。