share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.02.12 TUE

AWS Elemental Live の使い方

土田 和広

WRITTEN BY 土田 和広

こんにちは。streampackのktsuchiです。

この2月で、このチームに入って半年が経ちます。
あっという間すぎて、焦りを感じている今日この頃…

今回は、2015年にAWSの仲間入りとなったElemental社のサービスのうち
Elemental Live(ライブエンコーダ)の使い方をご紹介します。

ログイン

こちらのURLからログインします。
https://cloud.elementaltechnologies.com/login

サービス開始

再生ボタンをクリックし、サービスを開始します。
(「running」になるまで、およそ20分程かかります。)

(あらかじめ右下のボタンから、Developmentの追加が必要ですが、今回は省略します。)

ちなみに

このコンソール上では、AWS Elemental Conductor(統合ビデオ管理システム)を通して、
Elemental Liveを操作するという形になります。

他のElementalサービスを使いたい場合は、「Services」からサービスを有効化すれば
Elemental Server, Elemental Deltaなどを利用できます。

イベント作成

「New Event」から新しいイベントを作成します。

すでにEvent設定をXML形式ファイルで保存している場合は、
それを「Load」して使用することも可能です。

各パラメータの説明は、項目名にマウスオーバーすると表示されます。

作成後、Event情報は「Event XML」を押すとダウンロードできます。

何かあったときのバックアップとして、
設定をダウンロードして保存しておくことをオススメします。

イベント開始

Eventを「Start」させると、エンコードが開始されます。
送られてきた動画を「Preview」ボタンで確認することもできます。

ログ出力

  • Conductor Log

「Diaglostic」 – 「Logs」から見ることができます。

  • Event Log

「Events」 – Eventを選択 – 「View Logs」から確認できます。

注意点

サービスを停止させると、Elementalのログは全て消えてしまいます!!
必要なログはサービス停止前に、必ずダウンロードして保存しておきましょう。

参考リンク

Elemental公式のユーザーガイドです。
閲覧するには、AWS Elemental User Communityアカウントが必要になります。

Elementalの情報はほとんどが英語で、日本語のページは少ないのですが、
Elemental Liveの操作に関する日本語ページがあったので、参考にリンクを貼っておきます。

元記事はこちら

AWS Elemental Live の使い方

土田 和広

土田 和広

2018年8月入社。streampackチームで働いています。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。