share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2019.01.07 MON

Google Cloud StrageのバケットにCORS設定をする方法

甲斐 甲

WRITTEN BY 甲斐 甲

前回、Google Cloud Storage(GCS)の署名付きURLを作成して、Webサービスから直接アップロードできないか検証していたのですが、GCSにCORSの設定をしてあげないとだめでした。

手順

公式にドキュメントがあったのでそのままです。

クロスオリジン リソース シェアリング(CORS)の設定 | Cloud Storage ドキュメント | Google Cloud
https://cloud.google.com/storage/docs/configuring-cors?hl=ja

バケットの CORS 構成を設定するには、受け入れられるリクエストのタイプを識別する情報(HTTP メソッドや発信元のドメインなど)を指定します。バケットの CORS 構成の設定には、gsutil コマンドライン ツール、XML API、JSON API、Cloud Storage のクライアント ライブラリを使用します。

> touch cors_setting.json

cors_setting.json

[
    {
      "origin": ["http://example.appspot.com"],
      "responseHeader": ["Content-Type"],
      "method": ["GET", "HEAD", "DELETE"],
      "maxAgeSeconds": 3600
    }
]

CORSを設定する

> gsutil cors set cors_setting.json gs://[バケット名]

CORSを確認する

> gsutil cors get gs://[バケット名]

参考

クロスオリジン リソース シェアリング(CORS)の設定 | Cloud Storage ドキュメント | Google Cloud
https://cloud.google.com/storage/docs/configuring-cors?hl=ja

FirebaseのHostingとCloud Functionsを利用してStorageからファイルをダウンロードするデモアプリケーション – Qiita
https://qiita.com/rubytomato@github/items/31c6098eb9804d9547ed#%E5%8B%95%E4%BD%9C%E7%A2%BA%E8%AA%8D-1

元記事はこちら

Google Cloud StrageのバケットにCORS設定をする方法

甲斐 甲

甲斐 甲

2018/7にJOIN。 最近の好みはサーバレスです。なんでもとりあえず試します。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。