share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.07.15 TUE

AWS 白帯シリーズ(6) Amazon Linux 上の NIC に複数の IP を設定する場合に陥ったこと

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

cloudpack の 自称 Sensu芸人 の かっぱこと 川原 洋平@inokara)です。

はじめに

Amazon Linux の NIC(eni-xxxxxx)に復数の IP を設定する際にハマったのでメモ…。まじで出なおしてきます。


難しくないです

どこでハマったか

そもそも昔の名残で…

  • ifcfg-eth0:x とかのファイルを作ってた
  • 作った上で ifup eth0:x とかしてた

今どきは…

IP アドレスを設定して…
aws --region us-east-1 ec2 assign-private-ip-addresses 
    --network-interface-id eni-xxxxxxx 
    --private-ip-addresses 192.168.xxx.xxx
インスタンスを再起動するか、ネットワークを再起動すれば…
ip addr show

で確認すると以下のように secondary IP が付与されています。

inet 192.168.xxx.xxx/24 brd 192.168.xxx.255 scope global secondary ethx

もう、ifconfig は使わないほうが良さそうです…。ちなみに、ifconfig で確認しても追加した IP アドレスは表示されません。


最後に

勉強になりました。


補足

  • Amazon Linux に限らず CentOS 系も ifconfig ではなく ip コマンドを使う方が良さそうです

元記事は、こちら