share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2013.01.15 TUE

jqのRPMをSUZ-LAB Repositoryで公開

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

jqのRPM化(CentOS 6.3)の記事で紹介したようにRPM化まで終わったので、次のようにSUZ-LAB Repository
公開してみました。
(作成者の許可は取っています)

RepoView: SUZ-LAB Binary Package

リポジトリの利用方法はSUZ-LAB Repositoryの記事で紹介しています。
jqのインストールは次の通りです。

# yum -y install jq
...
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package jq.x86_64 0:1.2-0.el6.suzlab_1 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

=======================================================
Package Arch Version Repository Size
=======================================================
Installing:
jq x86_64 1.2-0.el6.suzlab_1 suz-lab 68 k

Transaction Summary
=======================================================
Install 1 Package(s)

Total download size: 68 k
Installed size: 173 k
Downloading Packages:
jq-1.2-0.el6.suzlab_1.x86_64.rpm | 68 kB 00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : jq-1.2-0.el6.suzlab_1.x86_64 1/1
Verifying : jq-1.2-0.el6.suzlab_1.x86_64 1/1

Installed:
jq.x86_64 0:1.2-0.el6.suzlab_1

Complete!

インストールが完了したら、次のようなコマンドで動作確認ができれば問題ありません。

# aws --region=ap-northeast-1 ec2 describe-instances
> | jq ' .reservationSet | .[] | .instancesSet | .[] | .instanceId '
"i-aaaaaaaa"
"i-bbbbbbbb"
"i-cccccccc"
"i-dddddddd"
"i-eeeeeeee"

これからのAWSを操作するツールはawscli(python)とjqの組み合わせで作る方向になるかと思います。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。