share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.07.15 TUE

CloudTrailが東京リージョンで対応されたので使ってみた。

古渡 晋也

WRITTEN BY 古渡 晋也

cloudpackの古渡晋也(@f_prg)です。

CloudTrailが東京リージョンで出たので、試してみました。
AWSブログはコチラです。
ま、いまさらですけど。。。
対応した、東京リージョンでポンポンとやれば、すぐにできました。

  • Get Started
    20140711_cloudtrail_tokyo_region_001
  • 項目を選びます。
    Create a new S3 bucket? Yesを選択し、バケットを作成します
    S3 bucket* バケット名を入力します。
    Log file prefix 今回は使いません。
    Include global services? Yesを選択
    SNS notification for every log file delivery? Yesを選択
    SNS topic (new)* Yesを選択

    ※*は必須入力項目です。
    ※SNSについては、省略します。
    20140711_cloudtrail_tokyo_region_002

  • で、おしまいです。
    20140711_cloudtrail_tokyo_region_003
  • とれてますね。^ ^
    20140711_cloudtrail_tokyo_region_004
  • 中身をみましたが、jsonがモザイクだらけになりそうだったので割愛します。
    アクセスキーやらいろいろあったので。SNSを使っているのでメールで通知もきました。

元記事はこちら

古渡 晋也

古渡 晋也

縁があって、cloudpackにジョインしました。 JAWS-UG さいたま支部コアメンバーとしても活動しております。 cloudpackにてインフラ設計・構築・運用をしております。 HadoopやMongoDBなどいろいろ経験しております。 あと、開発もできるエンジニアです。 開発可能な言語はC, C++, C#, アセンブラ, PHP, Ruby, JavaScript, Java, Objective-Cです。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。