share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.10.30 TUE

PythonのFlaskアプリをGoogle App Engineにデプロイしてみた

甲斐 甲

WRITTEN BY 甲斐 甲

概要

APIサービスを構築するのにGoogle App Engine(GAE)を利用することにしたので、Python3のFlaskアプリを実際にデプロイしてみました。

利用したソースをGitHubにアップしていますのでよければご参考ください。
https://github.com/kai-kou/deploy-flask-to-appengine

前提条件

GAEが利用できるGCPプロジェクトとgcloud が利用できる前提です。

手順

必要なファイルを用意します。

> mkdir 任意のディレクトリ
> cd 任意のディレクトリ
> touch main.py
> touch requirements.txt
> touch app.yaml

main.py

アクセスするとJSON形式で結果を返します。
日本語を含む場合、app.config['JSON_AS_ASCII'] = False とするのが良いみたいです。

Flask で Restful API を作る – jsonify で日本語が文字化けする時の解決方法
http://datalove.hatenadiary.jp/entry/flask-jsonify-how-to-encode-japanese

main.py

from flask import Flask, jsonify

app = Flask(__name__)
app.config['JSON_AS_ASCII'] = False

@app.route('/')
def index():
  return jsonify({
    "message": "テスト!!"
  })

if __name__ == '__main__':
  app.run()

requirements.txt

FlaskとGAEで利用するgunicornがインストールされるように指定します。

requirements.txt

flask
gunicorn

app.yaml

GAEにデプロイする際に必要となる設定ファイルです。
2018年8月にスタンダード環境のランタイムにPython3.7が追加されたのでそれを利用します。スケーリングの設定については下記が詳しかったです。

App Engine Scaling Config
https://qiita.com/sinmetal/items/017e7aa395ff459fca7c

service を指定しない場合、default にデプロイされますので、すでにGAEを利用している場合は注意してください。

entrypointgunicorn で起動するようにコマンドを記述します。

Gunicornについて調べたことメモ
http://kazsoga.com/gunicorn-memo/

app.yaml

runtime: python37
env: standard
service: サービス名
entrypoint: gunicorn -b :$PORT main:app

automatic_scaling:
  min_idle_instances: automatic
  max_idle_instances: automatic
  min_pending_latency: automatic
  max_pending_latency: automatic

デプロイします。

> gcloud app deploy

Services to deploy:

descriptor:      [/任意のディレクトリ/app.yaml]
source:          [/任意のディレクトリ]
target project:  [GCPプロジェクトID]
target service:  [サービス名]
target version:  [20181009t172421]
target url:      [https://サービス名-dot-GCPプロジェクトID.appspot.com]


Do you want to continue (Y/n)?Y
(略)
Updating service [サービス名]...done.
Setting traffic split for service [サービス名]...done.
Deployed service [サービス名] to [https://サービス名-dot-GCPプロジェクトID.appspot.com]

You can stream logs from the command line by running:
  $ gcloud app logs tail -s サービス名

To view your application in the web browser run:
  $ gcloud app browse -s サービス名

デプロイできたらアクセスしてみます。

> curl https://サービス名-dot-GCPプロジェクトID.appspot.com

{"message":"テスト!!"}

やったぜ。

参考

Flask で Restful API を作る – jsonify で日本語が文字化けする時の解決方法
http://datalove.hatenadiary.jp/entry/flask-jsonify-how-to-encode-japanese

Gunicornについて調べたことメモ
http://kazsoga.com/gunicorn-memo/

App Engine Scaling Config
https://qiita.com/sinmetal/items/017e7aa395ff459fca7c

元記事はこちら

PythonのFlaskアプリをGoogle App Engineにデプロイしてみた

甲斐 甲

甲斐 甲

2018/7にJOIN。 最近の好みはサーバレスです。なんでもとりあえず試します。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。