share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.10.11 THU

obnizで停電の復旧確認をしてみた

河村 敏貴

WRITTEN BY 河村 敏貴

みなさん台風21号の影響はどうでしたでしょうか?今回は私の自宅も3日ほど停電になり結構困りました。
未だに停電から復旧していない地域もあるので早く復旧してほしいですね。
停電してはじめて分かるのですが、電気が生活の基礎を支えているということに改めて気付かされます。断水していなくてもトイレの水も流せないですし、お風呂も沸かせないといった状況になり色々なことができませんでした。
当時、自宅で仕事をしていたのですが、ネット接続も切れてしまったため仕事もできなくなりました。
幸いにも親類の家は停電していなかったため、台風通過後に避難することができたためずっと不便な生活を強いられることはなかったのですが、避難できる先が無いような方は大変だったと思います。

以前も雷による停電を経験していたこともあるのですが、避難するといつ停電から復旧したかが分からないのが非常に困ります。
そのため、今回はどうにかして外部から停電の復旧を確認したいと考えていました。
自宅にサーバを立てて外部から入れるようにしていた時期もありましたが、今はそんなこともしていないのでサーバで復旧確認もできませんでした。

そこで思いついたのが、最近手に入れたobnizを復旧確認に利用する方法でした。
obnizで遊んでいる時にたまたま気がついたのですが、obnizを外部マシンのNodejsから実行するとobnizがオンラインになるまでタイムアウトせず実行し続けており、オンラインになった時点でプログラムが実行される挙動となっていたため、これを利用することで停電の復旧確認ができるのではないかと思い自宅で実証実験をしてみました。

前提としては自宅のwifiに接続されていたことと、復旧時に電源が供給されるようにしておくことです。
プログラムは実行できれば何でもいいと思います。オンラインになったらslackに通知するといったようなことも考えましたが、そもそもテストもできないため文字列を表示するだけの簡易なプログラムとしました。

const sleep = require('system-sleep');
var Obniz = require("obniz");

var obniz = new Obniz("XXXX-XXXX");
obniz.onconnect = async function () {

    while(true){
       console.log('---------------------');
       console.log('Connected!');
       sleep(5000);
    }
}

これを動かし続けておくことで、obnizがオンラインになったタイミングで実行されるはずなので電気の復旧が分かると考えました。
実際に仕事中は作業用MacのDockerコンテナから上記プログラムを動かし続けていました。

また、以下のOnlineEditorからも実行できるので、仕事中以外は時々スマホからサンプルプログラムを実行するということを試していました。
Online Editor – obniz

本当に動くか不安でしたが、停電から3日後の9/6 10時40分頃にコンソールにログが表示されていたため、おそらく電気が復旧したということが分かりました。

まとめ

今回は台風による停電のためブレーカーを落とすことはしませんでしたが、地震などの場合には復旧時に火事になるケースがあるためブレーカーを落として避難することが推奨されていますので、充分注意してください。
また、途中で気がついたのですが、自宅にAmazon Echoがある方は、スマホのアプリからオンラインかどうかが分かるため、わざわざobnizを使って確認しなくても復旧状況がわかると思います。実際にobnizで復旧確認できた際には自宅のAmazon Echoもオンラインとなっていたため本当に電気が復旧したと確信が持てました。
頻繁に停電が発生するわけではないのでそんなにニーズはないと思いますが、こういった実際の状況でIoT機器を役立てることができたのはすごく面白かったです。

元記事はこちら

obnizで停電の復旧確認をしてみた

河村 敏貴

河村 敏貴

クラウド業界に興味を持ち、業務系のアプリエンジニアからインフラエンジニア見習いに転身しました。日々新しい技術に触れることができる環境でもがきつつも楽しい毎日を過ごしています。 河村 敏貴

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。