share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.09.18 TUE

Vue.js + SCSS + Bootstrap + MaterialDesign + TypeScript開発環境をつくってみた

甲斐 甲

WRITTEN BY 甲斐 甲

概要

SPAアプリをつくることになったので、Vue.jsを使おうと環境を作ってみました。
Docker上で開発したかったのと、言語はTypeScript、SCSSでBootstrapをMaterialDesignで。

手順

Dockerイメージ作成

この辺を参考に。

https://cloudpack.media/42814

> mkdir 任意のディレクトリ
> cd 任意のディレクトリ

> touch Dockerfile
> touch docker-compose.yml

Dockerfile

FROM node:10.8.0-stretch

RUN npm install --global @vue/cli
WORKDIR /projects

docker-compose.yml

version: '3'

services:
  app:
    build: .
    ports:
      - "8080:8080"
    volumes:
      - ".:/projects"
    tty: true
> docker-compose up -d

> docker-compose exec app bash

vue.jsアプリの作成

Manually select features を選択するとTypeScriptやSCSSの利用を指定できるので、便利ですねぇ。必要なライブラリやLinterなどの選択はご自由に。
vueコマンドはコンテナ内で実行します。

コンテナ内

> vue create アプリ名

Vue CLI v3.0.1
? Please pick a preset: Manually select features
? Check the features needed for your project: Babel, TS, Router, Vuex, CSS Pre-processors, Linter, Unit
? Use class-style component syntax? Yes
? Use Babel alongside TypeScript for auto-detected polyfills? Yes
? Use history mode for router? (Requires proper server setup for index fallback in production) Yes
? Pick a CSS pre-processor (PostCSS, Autoprefixer and CSS Modules are supported by default): SCSS/SASS
? Pick a linter / formatter config: TSLint
? Pick additional lint features: Lint on save
? Pick a unit testing solution: Mocha
? Where do you prefer placing config for Babel, PostCSS, ESLint, etc.? In dedicated config files
? Save this as a preset for future projects? No
? Pick the package manager to use when installing dependencies: (Use arrow keys)
❯ Use Yarn
(略)
[3/4] Linking dependencies...

success Saved lockfile.
Done in 408.94s.

[4/4] Building fresh packages...
success Saved lockfile.
Done in 235.09s.

mdbootstrap導入

Material Design for Bootstrap 4ってのがあったのでこれを導入します。
略してMDBだそうです。

Material Design for Bootstrap 4 (Vue version)
https://mdbootstrap.com/vue/

5 min Quick StartにあるInstall MDB Vue as a dependencyの手順になります。
https://mdbootstrap.com/vue/5-min-quick-start/

コンテナ内

> cd アプリ名
> yarn add mdbvue

> vi src/main.ts

インストールしたMDBをインポートします。こちらはコンテナ外で行ってもおkです。

src/main.ts

import store from './store';

+import 'bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css';
+import 'mdbvue/build/css/mdb.css';

Vue.config.productionTip = false;
vi src/view/About.vue

コンポーネントが利用できるか確認します。About.vueを利用しています。

src/view/About.vue

<template>
  <div class="about">
    <h1>This is an about page</h1>
    <btn color="primary">Primary</btn>
  </div>
</template>

<script lang="ts">
  import {Component, Vue} from 'vue-property-decorator';

  import Btn from 'mdbvue';
  @Component({
    components: {
      Btn,
    },
  })
  export default class About extends Vue {}
</script>

動作確認

さてうまく動作するか確認してみます。

コンテナ内

> yarn serve
 INFO  Starting development server...
Starting type checking and linting service...
Using 1 worker with 2048MB memory limit
 98% after emitting CopyPlugin

 DONE  Compiled successfully in 41626ms

コンテナ外

> open http://localhost:8080/

やったぜ。

上記手順で作った環境をリポジトリに置いたので、どうぞご査収ください。

https://github.com/kai-kou/vue_js_typescript_bootstrap_material

参考

Google App EngineにAngularアプリをデプロイしてみた
https://cloudpack.media/42814

mdbootstrap/Vue-Bootstrap-with-Material-Design
https://github.com/mdbootstrap/vue-bootstrap-with-material-design

Vue.js+TypeScriptで開発するときの参考記事まとめ
https://qiita.com/kai_kou/items/19b494a41023d84bacc7

元記事はこちら

Vue.js + SCSS + Bootstrap + MaterialDesign + TypeScript開発環境をつくってみた

甲斐 甲

甲斐 甲

2018/7にJOIN。 最近の好みはサーバレスです。なんでもとりあえず試します。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。