share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.01.22 TUE

VPC環境構築をしてみた

篠田 俊之

WRITTEN BY篠田 俊之

急遽VPC環境の構築をすることになり、試行錯誤していたところ、いいタイミングでsuz-labブログに「CloudFormationでVPCの構築」という記事があった為、今回はその記事の流れに沿って
CloudFormationを使い、VPC環境の構築をしてみました。

やることは非常に簡単です。
以下の手順でそのままVPC環境が作成することができます。

(1)AWSコンソールへログインします。

(2)CloudFormationを開いて、「Create New Stack」もしくは「Create Stack」をクリックします。

・Create New Stack

・Create Stack

(3)Stack Name(任意)を入力し、Provide a Template URLを選択して、
「https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/template.suz-lab.com/template/suz-lab_vpc-basic-0.0.1.json」を入力後に「Continue」をクリックします。

(4)画面遷移して、VPC CIDRを入力します。

今回は同じように10.10を第2オクテットまで入力して、「Continue」をクリックします。

(5)画面遷移後のKeyとValueを入力する項目がありますが、何も入力せずに「Continue」をクリックします。

(6)今まで入力した内容の確認画面が表示されるので、問題がなければ「Continue」をクリックします。

CloudFormationが開始されると、StatusがCREATE_IN_PROGRESSになり、完了までしばらく待つ必要があります。

ちなみに今回は、18分待ってCloudFormationのStatusがCREATE_COMPLETEに変わり、
実際にVPCのSubnetsを確認したところ問題なくSubnetが作成されていました。
(待ってる間に不安な場合は、作成経過をCloudFormationのEventsにて確認できます。)

尚、今回は東京リージョンで作成したので3ゾーンに渡ってSubnetが作成されており、
1ゾーン当たり6個のSubnetで、合計18個のSubnetができました。

※Subnetのアドレス体系等については、suz-labの記事「VPCのSubnetのCIDRの設計方針(一例として)」を参照。

CloudFormationのテンプレートはjsonでできているので自分自身で作成することが可能です。
勿論、構築する環境によっては構成がかわると思いますが、このjsonテンプレートをベースにすれば、
構築したいVPC環境も簡単に構築することができるかもしれません。

こちらの記事はなかの人(MEMO 4 ME)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

篠田 俊之

篠田 俊之

cloudpackでいろいろチャレンジしています。