share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.08.28 TUE

Google Cloud FunctionsでPythonを利用してみた(Beta利用)

甲斐 甲

WRITTEN BY 甲斐 甲

概要

Googleさんからサーバーレス関連のサービス強化がアナウンス(2018/08/03)されました。
そのなかで、Cloud Functionsも正式提供やBetaで機能強化されています。

サーバーレス コンピューティングの実現に向けて
https://cloudplatform-jp.googleblog.com/2018/08/bringing-the-best-of-serverless-to-you.html

また、イベント駆動型のコンピュート サービスである Cloud Functions の正式提供も開始しました。Cloud Functions では予測可能なサービスが SLA で保証されるようになり、グローバル ネットワーク フットプリントを利用して提供され、欧州とアジアでリージョンも追加されました。さらに、Python 3.7 と Node.js 8 のサポートや、ネットワーキングとセキュリティの管理など、お客様からの要望が高かった新機能で強化されており、全体的なパフォーマンスも向上しています。Cloud Functions は、BigQuery、Cloud Pub/Sub、機械学習 API、G Suite、Google アシスタント など 20 以上の GCP サービスをシームレスに接続して拡張できます。

というわけで、Cloud FunctionsでPython 3.7が対応(Beta)されたとのことで、早速利用してみました。

準備

GCP プロジェクトの選択・作成やAPIの有効化などは実施済みの前提です。
まだの方は下記の「始める前に」をご参考ください。

https://cloud.google.com/functions/docs/tutorials/http?hl=ja

管理コンソールから関数を作成する

Cloud Functionsの[関数を作成]ボタンをポチッと。

[ランタイム]プルダウンメニューをみると[Python 3.7]が選べます!
ただし[(Beta)]がついてます。Node.js 8もしれっと増えてます。
名前は任意で入力してください。

今回はトリガーを[HTTP]でサンプルそのままで関数を作成してみます。

関数作成中。Stackdriver Loggingでログも確認できます。

管理コンソールでテストしてみた。動いてますね^^

CurlでGETしてみた。
URLは[トリガー]から確認できます。

> curl https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/cloud-functions-python-test
Hello World!

パラメータも受け取ってくれました。

> curl "https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/cloud-functions-python-test?message=h
oge"
hoge

お手軽ですね^^

gcloudコマンドラインツールから利用してみる

続いてはコマンドラインツールから試してみます。

Google Cloud SDKのインストール

インストールがまだの方は下記をご参考ください。
gcloud initまで完了した前提です。

MacでCloud Machine Learning Engineを利用してみる
https://cloudpack.media/42306

> gcloud --version

Google Cloud SDK 209.0.0
bq 2.0.34
core 2018.07.16
gsutil 4.33
Updates are available for some Cloud SDK components.  To install them,
please run:
  $ gcloud components update

gcloudコマンドが利用できるようになったらCloud Functions関連のコマンドをためてしてみます。

gcloud functionsコマンドは209.0.0 (2018-07-18)でGAとなったようですね。
バージョンが古い方は、各自、自己責任でgcloud components updateしてください^^

Google Cloud SDK – Release Notes
https://cloud.google.com/sdk/docs/release-notes

Google Cloud SDK – Release Notes
https://cloud.google.com/sdk/docs/release-notes

チュートリアルに沿ってデプロイまでやってみる

公式ドキュメントを参考にしてデプロイできるところまで進めてみます。
残念ながら、まだ言語はNode.jsだけでした。(2018/08/07現在)

HTTP のチュートリアル
https://cloud.google.com/functions/docs/tutorials/http?hl=ja

※ページの言語設定(ページ左下)を英語に変更するとNode.js8とPythonも追加されています。@uu4k さん情報あざます!(2018/08/20追記)

コードの準備

関数を作成するのにコードを用意します。
実装は上記でも利用した公式のサンプルをそのまま利用します。

今回はサンプルなので、pipでライブラリをインストールすることはないですが、念の為、仮想環境を作っておきます。

仮想環境ってなに?という方は下記をご参考。
Pythonもローカル実行しないのであれば、3系でvenvが利用できたらなんでも。

Macでanyenvをつかってpython環境構築(bash、fish対応)
https://cloudpack.media/42033

仮想環境の作成

> mkdir 任意のディレクトリ
> cd 任意のディレクトリ
> python -m venv function-test
> . function-test/bin/activate

# fishの方はこちら
> . function-test/bin/activate.fish
main.pyの作成
> touch main.py
> vi main.py

main.py

def hello_world(request):
    """Responds to any HTTP request.
    Args:
        request (flask.Request): HTTP request object.
    Returns:
        The response text or any set of values that can be turned into a
        Response object using
        `make_response <http://flask.pocoo.org/docs/0.12/api/#flask.Flask.make_response>`.
    """
    request_json = request.get_json()
    if request.args and 'message' in request.args:
        return request.args.get('message')
    elif request_json and 'message' in request_json:
        return request_json['message']
    else:
        return f'Hello World!'

関数をデプロイする前に

Python 3.7はまだBeta提供なので、gcloud functions deployコマンドでデプロイすることができませんでした。(2018/08/7時点)

> gcloud functions deploy hello_world --trigger-http

Deploying function (may take a while - up to 2 minutes)...failed.
ERROR: (gcloud.functions.deploy) OperationError: code=3, message=Function load error: File index.js or function.js that is expected to define function doesn't exist in the root directory.

なので、gcloud betaコマンドが利用できるようにします。

> gcloud beta
You do not currently have this command group installed.  Using it
requires the installation of components: [beta]


Your current Cloud SDK version is: 210.0.0
Installing components from version: 210.0.0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│     These components will be installed.     │
├──────────────────────┬────────────┬─────────┤
│         Name         │  Version   │   Size  │
├──────────────────────┼────────────┼─────────┤
│ gcloud Beta Commands │ 2018.07.16 │ < 1 MiB │
└──────────────────────┴────────────┴─────────┘

For the latest full release notes, please visit:
  https://cloud.google.com/sdk/release_notes

Do you want to continue (Y/n)?
(略)
For detailed information on this command and its flags, run:
  gcloud beta --help

インストールできたらコマンドが利用できるか確認します。

> gcloud --version

Google Cloud SDK 210.0.0
beta 2018.07.16
bq 2.0.34
core 2018.07.27
gsutil 4.3

関数をデプロイする

gcloud betaコマンドが利用できるようになったら、[HTTP]トリガーでデプロイしてみます。
gcloud beta functions deployコマンドのパラメータは--helpか下記をご参考。
--runtimeオプションがありました^^

gcloud beta functions deploy
https://cloud.google.com/sdk/gcloud/reference/beta/functions/deploy?authuser=19&hl=ja

ではデプロイしてみます。

> gcloud beta functions deploy hello_world --trigger-http --runtime=python37

Deploying function (may take a while - up to 2 minutes)...done.
availableMemoryMb: 256
entryPoint: hello_world
httpsTrigger:
  url: https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/hello_world
labels:
  deployment-tool: cli-gcloud
name: projects/xxx/locations/us-central1/functions/hello_world
runtime: python37
(略)
status: ACTIVE
timeout: 60s
updateTime: '2018-08-07T03:07:17Z'
versionId: '3'

デプロイが完了しましたので、HTTPアクセスしています。

> curl https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/hello_world
Hello World!

> curl "https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/hello_world?message=hoge"
hoge

はい。

動作していますね^^

その他コマンド

list コマンドはbetaでもかわりなし。

> gcloud functions list
NAME                         STATUS  TRIGGER        REGION
cloud-functions-python-test  ACTIVE  HTTP Trigger   us-central1
hello_world                  ACTIVE  HTTP Trigger   us-central1

> gcloud beta functions list
NAME                         STATUS  TRIGGER        REGION
cloud-functions-python-test  ACTIVE  HTTP Trigger   us-central1
hello_world                  ACTIVE  HTTP Trigger   us-central1

describe コマンドはupdateTimeversionIdが追加されてました。

> gcloud functions describe hello_world
availableMemoryMb: 256
entryPoint: hello_world
httpsTrigger:
  url: https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/hello_world
labels:
  deployment-tool: cli-gcloud
name: projects/xxx/locations/us-central1/functions/hello_world
runtime: python37
serviceAccountEmail: (略)
sourceUploadUrl: (略)
timeout: 60s

> gcloud beta functions describe hello_world
availableMemoryMb: 256
entryPoint: hello_world
httpsTrigger:
  url: https://us-central1-xxx.cloudfunctions.net/hello_world
labels:
  deployment-tool: cli-gcloud
name: projects/xxx/locations/us-central1/functions/hello_world
runtime: python37
serviceAccountEmail: (略)
sourceUploadUrl: (略)
status: ACTIVE
timeout: 60s
updateTime: '2018-08-07T03:07:17Z'
versionId: '3'

試し終わったらdeleteコマンドで関数を削除しておきましょう。
管理コンソールから作成した関数もお忘れなく^^

こちらもランタイムがPythonでも、Betaじゃなくても削除できました。

> gcloud functions delete cloud-functions-python-test

Resource [projects/xxx/locations/us-central1/functions/
cloud-functions-python-test] will be deleted.

Do you want to continue (Y/n)?  Y

Waiting for operation to finish...done.
Deleted [projects/xxx/locations/us-central1/functions/cloud-functions-python-test].


> gcloud beta functions delete hello_world

Resource [projects/xxx/locations/us-central1/functions/
hello_world] will be deleted.

Do you want to continue (Y/n)?  Y

Waiting for operation to finish...done.
Deleted [projects/xxx/locations/us-central1/functions/hello_world].

これまでnode.jsしか対応していなかったのが、Pythonが増えて、さらに便利になってきましたね。

では良きサーバレスライフを^^

元記事はこちら

Google Cloud FunctionsでPythonを利用してみた(Beta利用)

甲斐 甲

甲斐 甲

2018/7にJOIN。 最近の好みはサーバレスです。なんでもとりあえず試します。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。