share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.01.23 WED

CentOS(6.3)にRuby(1.9)、Rails、Passengerをインストール

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

今回、CentOS(6.3)にRuby(1.9)をソースからインストールし、さらにRailsとPassengerもgemで
インストールする機会があったので、メモとしてブログに残しておきます。
まずは、準備としてパッケージのインストールからです。

# yum -y install gcc gcc-c++ make curl-devel openssl-devel zlib-devel httpd-devel

次に、Rubyをソースからインストールします。

# cd /usr/local/src/
# curl -OL http://core.ring.gr.jp/pub/lang/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# cd ruby-1.9.2-p180
# ./configure
# make
# make install

さらに、OpenSSLに関するビルドも必要です。

# cd ext/openssl/
# ruby extconf.rb
# make
# make install

Ruby on Railsはgemでインストールします。

# gem install rails -v 3.2.2

※ -vオプションでインストールするバージョンの指定もできます。

Phusion Passengerもgemでインストールします。

# gem install passenger

Phusion PassengerをApacheと関連させます。

# passenger-install-apache2-module

最後に、Apacheの設定ファイルを調整します。

LoadModule passenger_module
/usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.18/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.18
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby
# !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!

# This relaxes Apache security settings.
AllowOverride all
# MultiViews must be turned off.
Options -MultiViews

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。