share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.07.10 THU

小ネタ netperf を使ってお手軽にスループット計測をしよう

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

cloudpack の 自称 Sensu芸人 の かっぱこと 川原 洋平@inokara)です。

はじめに

普段使っている仮想サーバー等のネットワーク的な性能をお手軽に知りたいなあと思ったので netperf というツールを使ってスループットの計測をしてみました。

netperf はスループット以外にもレイテンシも計測出来るなかなかイカしたツールです。


こんな感じで…

計測のイメージ

2014062707.png

ざっくりとしたイメージです。

netperf パッケージには netperf 以外に netserver というパッケージが同梱されており、netperf は netserver に対してリクエストを投げてそのスループットを計測することになります。

サーバーの起動

  • サーバーを 2 台起動する
  • 今回は Amazon Linux を利用します

netperf のインストール

yum install netperf

簡単ですね。

対向のサーバーにて netserver を起動する

netserver

netserver を起動すると 12865 ポートで listen されます。

2014062708.png

netperf コマンドの実行

netperf を実行します。

netperf -f M -H xxx.xxx.xxx.xxx

オプションとしては…

  • -f はフォーマット(単位)で M を指定しているのでメガ
  • -H で対向のホストを指定

となります。

実行後、しばらくすると…

2014062709.png

スループットが実行されました。


まとめ

今回やったこと

  • netperf をインストールしました
  • スループットの計測を行いました

注意点

  • 計測は何度(10 回程度)か行って平均値を取ると良いと思います
  • また、二台のサーバーが直接つないでいるのか、複数のネットワーク機器を介しているのか等環境に応じて結果が異なることがありますので、計測結果はあくまでも参考値として見ておくほうが良いのかなと思います!

以上、小ネタでした!

元記事はこちら