share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2013.01.24 THU

s3cmdでmultipartオプションを利用してs3へアップロード

s3cmdで5GB以上のファイルをs3にアップロードする場合は、オプションでmultipart-chunk-size-mbを
指定する必要があります。

また、このmultipart-chunk-size-mbオプションはversion1.1.0以降で利用可能となります。

尚、2013年01月現在の最新バージョンをs3cmd : command line S3 clientのサイトで確認すると、
1.1.0-beta2となります。
(s3cmdのインストール方法はs3cmd 1.0.1をインストールの記事で紹介しています。)

実際のコマンドは以下のようになります。

/usr/bin/s3cmd sync  --multipart-chunk-size-mb=5120  (ファイル名) s3://(s3バケット名)

(ファイルを5GB毎に分割してアップロードします。)

ファイルサイズが大きい為、当前ですがアップロードには時間がかかります。

こちらの記事はなかの人(cimacoppi)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。