share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.01.25 FRI

GitHubからclone、そしてローカルリポジトリにadd&commit、そして再びGitHubにpush

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

GitHubでリポジトリを作ってSSHでgit cloneするまでの記事に引き続き、GitHub(git)に関するメモになります。

はじめに、git cloneです。
尚、今回はHTTPSを利用しています。

$ cd Dropbox/suz-lab/common/opt/
$ git clone https://github.com/suz-lab/suz-lab-centos-ami.git suz-lab

次に、作成されたディレクトリに入り、任意のファイルを作成し編集します。
まずはファイルのaddを行い、その後commitします。

$ cd suz-lab
$ # 適当にファイルを作成して編集
$ git add .
$ git commit
...

最後にgit pushを行い、GitHubのリポジトリに反映します。

$ git push
...
Username for 'https://github.com': suz-lab
Password for 'https://suz-lab@github.com':
Counting objects: 9, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (8/8), done.
Writing objects: 100% (8/8), 5.34 KiB, done.
Total 8 (delta 1), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/suz-lab/suz-lab-centos-ami.git
59235b5..ad5fb0c master -> master

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。